beautyビューティー

内転筋に効く簡単ポーズで太ももスッキリ

たるんだ内ももの引き締めに。内転筋に効く簡単ポーズでスッキリ太ももを叶えて

Twitter
LINEで送る

夏が徐々に近づくにつれて、下半身のたるみをどうにかしたいという方は少なくないと思います。特に内もものたるみは、ムッチリとした印象を与えてしまい、体重以上に下半身を重たく見せてしまうおそれも。。。そこで実践したいのが、内転筋にダイレクトにアプローチできるピラティスの簡単ポーズ「インナーサイワーク・ピラティス」です。

 

 

 

|内転筋に効く簡単ポーズで太ももに“すき間”を

 

 

(1)安定した固めの床に腕を上げて横向きに寝そべり、上にくる手足を前方に着く

 

(2)息を吸って、息を吐きながら下の足を上げる ※意識はお腹に集中し、下にくる足はまっすぐ、骨盤はまっすぐ正面をキープする

 

(3)息を吸いながら(2)の姿勢をキープする

 

(4)息を吐きながら足をおろす ※呼吸は胸式で、吐いたときにお腹を絞るイメージで行います

 

※左右それぞれ10回を目安に(2)〜(4)を行います

 

 

 

ピラティスは“回数よりも質”が重要で、一連の動きを流動的に行うのがコツ。すべての動きをお腹を固定させて足を動かすような意識で無理をかけない程度に自分のペースで行って、充分にこなせるようになったらまずは上下運動の回数を増やしてみてください。

 

また、さらに負荷を高めるなら、下写真のように動作時に上側の手をカラダの前に置かずに実践するのもオススメです。

 

 

来たる夏に向けてぜひ習慣にして、スッキリ印象の下半身を手に入れてくださいね。

 

 

photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)


border