special reportスペシャルレポート

北アルプス国際芸術祭2017市街地エリア

豊かな自然を巡るアート旅。魅力いっぱい“北アルプス国際芸術祭”に出かけよう《市街地エリア》

Twitter
3
LINEで送る

人気の観光地「黒部ダム」の玄関口としても知られ、北アルプスの壮大な山々に囲まれた信濃大町を舞台に、2017年7月30日までの期間、第1回目となる『北アルプス国際芸術祭(Japan Alps Art Festival)』が開催されています。この『北アルプス国際芸術祭』の最大の魅力は、何と言っても1~2泊の短期の滞在でもすべてのアート作品を鑑賞できるコンパクトさ。

 

開催エリアは

 

(1)信濃大町駅付近の「市街地エリア」

 

(2)高瀬渓谷を背景にした「ダムエリア」

 

(3)大町温泉郷のある「源流エリア」

 

(4)木崎湖を中心とした「仁科三湖エリア」

 

(5)信濃大町と北アルプスを見渡せる「東山エリア」

 

と長野県大町市内5つのエリア。

 

 

 

各エリア間は車で回れば15〜25分程度なので、正味2日間もあれば、黒部ダムに足を運んだり、温泉に浸かったり、地域特産のグルメを味わったりと、豊かな自然を感じながらアート旅が手軽に楽しめます。今回は《市街地エリア》の見どころをたっぷり紹介します。

 

 

 

|JR信濃大町駅前の商店街を舞台にした“市街地エリア”

 

全10作品が展示されている“市街地エリア”のスタートはJR信濃大町駅の目の前のインフォメーションから。

 

 

インフォメーションセンターにはこれから始まるアート旅への期待が高まる楽しい作品が。

 

【「はじまりの庭(インフォメーションセンター)」原倫太郎+原游。天井を見上げると面白い仕掛けが…】

 

芸術祭のテーマ「水、木、土、空」をイメージした公式グッズも充実しています。

 

 

ミナ ペルホネンの皆川明氏がデザインした公式Tシャツに即着替えれば、さらにアート気分も高まりますよ。


次のページへ

1 2 3

border