beautyビューティー

厳しめ食事管理法を体型キープの参考に

増えた体重は“すぐに戻す”が鍵。“ちょっと厳しめ”食事管理法を体型キープの参考に

Twitter
LINEで送る

ショップに並ぶ可愛い春服を眺めていると、すっかり心まで春気分ですが、冬の間に溜め込んだ分を解消したい方は少なくないと思います。やはり体重が増加してしまったら“すぐに戻す”ためにも、食事を調整するためのテクは身につけておいて損はありません。

 

そこで参考にしたいのが、常にダイエットに追われているイメージもある韓国アイドルたちが取り入れている“ちょっと厳しめ”な食事管理法。早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|KARAのニコルなどが実践して話題になった「デンマーク ダイエット」

 

KARAのニコルなどが取り入れて話題になった食事管理法がデンマーク国立病院が監修した「デンマークダイエット」と呼ばれるもの。ゆで卵とグレープフルーツをメインにしたメニューを2週間続けて太りにくい体質に改善していくことを目的に“専門家の指導の下で”行うものになります。

 

 

 

「デンマークダイエット」で推奨されている1日のメニュー例は、

 

朝:トースト1枚(ご飯なら小盛1膳)、ゆで卵(固ゆで1〜2個)、グレープフルーツ1個、ブラックコーヒー

 

昼:ゆで卵(固ゆで1〜2個)、トマト(小さめ1〜2個)、ブラックコーヒー

 

夜:ゆで卵(固ゆで1〜2個)、野菜サラダ、酢漬け野菜(ピクルス、梅干し等)

 

とのこと。また、この食事に日によって肉類や魚類、アボカド等のタンパク質をプラスします。

 

 

そして調理方法は“焼く(油なし)・蒸す・茹でる”の3つのみに限定され、味付けもなるべく素材の味を生かすように“塩コショウ”のみ、サラダのドレッシングも“ノンオイル”または“不飽和脂肪酸の油(生食用ではアマニ油やエゴマ油など)”のものを使用するのです。

 

 

 

ただし、この食事管理テクを実践する際には注意しなくてはならないポイントが2つあります。

 

1つ目は「2週間きっかりで終了すること」。メニュー例を見てわかる通り栄養がかなり偏るので、2週間以上続けてしまうと栄養失調や貧血など体に不調をきたす可能性が高いとされています。

 

そして2つ目は「生理期間中、妊娠中は実施してはいけない」ということ。こちらもメニューを見てわかるように鉄分不足に陥りやすいためです。

 

 

 

もちろん無謀な食事管理は後々体に響きますから、今回紹介した「デンマークダイエット」は極端な食事管理テクの一例として“あくまで参考にするまで”がベター。

 

それよりも「タンパク質を毎食摂るようにする」、「味付けは素材の味をいかしてシンプルにする」、「不飽和脂肪酸をしっかり摂る」など自分の食生活の現状に合致するポイントを取り入れるのがオススメです。ぜひ参考に体型キープに役立ててみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border