make upメイク

品格を感じる外国人風メイクを叶えるポイント

単に“盛るだけ”はダメ。アンニュイさや品格を感じる“外国人風メイク”を叶えるポイント2つ

Twitter
LINEで送る

目鼻立ちが自然とくっきりするように、陰影を強調した“外国人風メイク”に憧れる反面、夜遊びしているように見られたり、下品な雰囲気になってしまうのは避けたいところ。目指したいのは映画『ヴァージン・スーサイズ』に出てくるような女の子たちの、少し儚気で品格も感じる雰囲気です。

 

 

私たち日本人がこの雰囲気を出すのには、かなり工夫が必要です。そこでカリスマ的人気を誇る韓国のメイクアップアーティストPONY(パク・ヘミン)のメイクを参考に“外国人風メイク”のポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

(1)恐れずにあえて“抜け”をつくる

 

 

「外国人風メイク=とにかくメイクを盛る」というわけではありません。日本人の顔立ちに足りないのは“陰影”であって、カラーやラインではありません。例えば「目尻1/3に厚めにシャドウをのせる」「鼻筋の両脇にうっすらシェーディングをする」「眉の下にハイライトを入れる」など“陰影”を意識したメイクに“抜け”を与えてください。この“抜け”とは

 

・つけまつげをしない

 

・下まぶたのラインはひかない

 

・アイシャドウはベージュやオレンジの肌なじみのいいものを選ぶ

 

といったことになります。

 

 

 

(2)強調するパーツは1箇所にしぼる

 

 

欧米人に比べて顔に陰影が少ないからといって、すべてのパーツを盛ってしまうのはNGです。アイメイクにポイントを置くならチークやリップはカラーレスに仕上げて、あとはハイライトとコンシーラーで骨格を盛る(コントゥアリング)ことに集中しましょう。

 

 

 

このようにアンニュイさや品格を感じる“外国人風メイク”のポイントは「“抜け”をつくること「1箇所にフォーカスしてメイクすること」の2つのなります。ぜひ2つのポイントを心に留めて、こっそりだけどしっかりメイクで盛って見てくださいね。

 

 

text:kanacasper(カナキャスパ)(映画・カルチャー・美容ライター/編集者)

編集を手がけた韓国のカリスマオルチャン、パク・ヘミン(PONY)のベストセラー メイクBOOK待望の第2弾『わたし史上いちばん”盛れる”♥ 秘密のオルチャンメイクⅡ』(Sweet Thick Omelet/DVD付/¥1,500・税別)が好評発売中。

 

top image出典:HAIR


border