beautyビューティー

体重40kg台をキープするための体型キープ術

炭水化物は“抜かない”がお約束。国民的人気女優に学ぶ【体型キープ】を叶えるコツ

Twitter
LINEで送る

いざダイエットを始めようと決意した時、真っ先にお米やパン、パスタなど“炭水化物を断とう”と考える方は少なくないと思います。実際、炭水化物は総じてカロリーが高く、糖質も多いことから「ダイエットの敵」と捉えがち。ただ一方で「炭水化物を全く摂らないのはNG」という意見も聞きます。

 

それでは、そんなダイエットと炭水化物の関係を紐解くための参考として、ダイエット成功後も体型をキープし続けている韓国の国民的人気女優ペ・スジが「炭水化物とどのように向き合っているのか」をチェックしてみましょう。

 

 

 

|炭水化物を“抜かない”が食生活の基本

 

ガールズグループ出身のアイドルでありながらも女優として高い評価を受け大活躍中のスジ。もともと可愛らしい顔をしていましたが、ダイエットに成功したことでさらに美人度を上げ、現在では“国民的人気女優”の1人とまで呼ばれるようになりました。

 

出典:instagram

 

そんな彼女の気になるダイエット期の食生活ですが「炭水化物は抜かない」が基本。また、朝食はしっかり摂って、昼食、夕食は軽めにするスタイルです。ある日のメニューはこんな感じ。

 

朝:鶏肉、さつまいも1本、低脂肪牛乳、昼:玄米ごはん、サラダ、夜:さつまいも2本

 

玄米ごはん、さつまいもと毎食炭水化物を摂っていることがわかります。栄養学的に見ればもうすこしタンパク質を摂った方が良さそうなメニューですが、とにかく炭水化物を毎食摂取しているのです。もちろんダイエット後の現在も炭水化物を抜かない食生活を送りながら体型をキープし続けているようです。

 

 

 

|炭水化物は“キレイ痩せに必須”の栄養素

 

炭水化物は体を動かすためのエネルギーや脳、神経を働かせるために欠かせない栄養素。そのため炭水化物をできる限りカットするというダイエットは危険とされています。

 

とはいえ、炭水化物は高カロリーであり、血糖値が急上昇するため、たっぷり食べてしまうと体重増加という道に。そのため痩せるためには炭水化物を“摂らない”ではなく“摂取量を減らすこと”がキレイ痩せのポイントになります。

 

 

例えば、海外セレブに人気の「アトキンスダイエット」というダイエット法では、1日の炭水化物の量を40gが目安。ここまで制限するのはなかなかハードですので、例えば1日にご飯1膳分(約70g)の炭水化物の摂取を減らすように努力してみるのもオススメです。また、食事のメインを鶏のむね肉やささみ、魚類を中心にしたり、夕食に白米一杯を豆腐に変えたりするだけというように炭水化物に代わってタンパク質の摂取を積極的に行うのもキレイ痩せには欠かせないポイントとされています。

 

 

やはりダイエットのゴールにしたいのは“一時的なスリムボディ”ではなく、「継続していけるヘルシーな美ボディ」をGETすること。そのためには健康的にキレイに痩せるためにも、理想の体型をキープしていくためにも炭水化物と上手に付き合っていくのが大切です。ぜひペ・スジなど体型をキープし続けるスタイル美人たちの食生活を参考に、炭水化物との向き合い方を今一度考えるようにしましょうね。


border