beautyビューティー

垂れ胸の予防に効く簡単ストレッチ

1日3分の実践で女らしい体印象に。“垂れ胸の予防”に効く簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

パソコンを使ったデスクワークをしたり、スマホを使用したりと、日頃から丸まった姿勢の時間が長くなってしまっていると、肩が前にずれて内側にねじれた”巻き肩”の状態になり、バストの下垂(垂れ胸)の原因になってしまいます。

 

そこで実践したいのが、烏口腕筋、小胸筋、上腕二頭筋の3つの筋肉をストレッチして柔軟性をキープしておくこと。今回は同時にこの3つの筋肉をストレッチできる簡単な方法を紹介します。

 

 

 

|腕筋&胸筋ストレッチ

 

(1)ベッドやソファーを背にして、背筋と両脚を真っ直ぐ伸ばして座る

 

th_5-1

 

 

(2)両腕を後ろに伸ばす ※両腕を同時に伸ばすのがツラい方は片腕ずつ行ってもOKです

 

th_5-3a

 

 

(2)の状態をゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープ。これを3セットを目安に行います。

 

 

 

この「腕筋&胸筋ストレッチ」の効果をしっかる得るためのポイントは、(2)の時に「お尻が前に出て背中が丸まらないように背筋を真っ直ぐキープする」ことになります。また、片腕ずつ行う場合は「体を正面に向けたままをキープして横に向かない」ように注意してください。

 

th_5-NG

 

上写真のようにお尻が前に出て背筋が丸まってしまうと効果が得られない上に、体を痛めることもあるので注意しましょう。

 

 

 

巻き肩を解消することでバストの形崩れや下垂を防げる上、女らしい体印象を手に入れることができます。ぜひ入浴後や寝る前の美習慣にしてみてくださいね。

 

 

photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)


border