columnコラム

夏こそ映える黒アイテムの着こなし方

出典:DHOLIC

オンナ度と大人感を底上げ。夏こそ映える“黒アイテム”の涼やかな着こなし方

Twitter
LINEで送る

シンプルな組み合わせでお洒落見えさせるには「センスが最も重要」と思っている方も少なくないはず。でも、実は夏には合わないと思われがちな“黒”を着こなしポイントを抑えて取り入れるだけで、簡単にオンナ度も大人感も底上げできるんです。それでは早速、夏こそ映える“黒アイテム”の旬な着こなしをチェックしてみましょう。

 

 

 

|ガーリーなレース素材もシックにキマる

 

レース素材のブラウスというとガーリーな印象がありますが、黒をチョイスするだけで甘さを抑えた大人っぽい着こなしが叶います。

 

出典:WEAR

 

黒でもレースの透け感が涼やかさをプラスしてくれるので重くなりすぎないですし、ほどよい色気も演出してくれシックな装いに。ショート丈などコンパクトなシルエットをチョイスすることで、黒が占める面積も少なくなるので、軽やかな印象に仕上げられますよ。

 

 

 

|幼くなりがちなサロペットだって大人っぽく着こなせる

 

着ていてラクなのにお洒落を叶えてくれる反面、一見幼い印象になりがちなサロペットも黒なら大人感たっぷりな着こなしが叶います。

 

出典:WEAR

 

大人感をキープしながらカジュアルからキレイめまで幅広い演出が可能なので、1枚ワードローブ入りさせておくと大活躍間違いなし。また、素材感や肩紐が細めなデザインを選んだり、足首見せしたり、ヒールを合わせたりすると一層オトナっぽい着こなしを愉しめますよ。

 

 

 

|Tシャツワンピもミニマルシックな雰囲気に

 

カジュアルになりがちなTシャツワンピも、黒というだけで大人っぽく着こなせるのが魅力。ゆったりとしたBIGシルエットでも黒がグッと印象を引き締めてくれるので、野暮ったくならずミニマルシックなお洒落を愉しめます。

 

出典:WEAR

 

また、一層今年っぽさを出すなら、1枚でサマになるロング丈をチョイスしたり、キャップやサンダルなどのスポーティな小物を合わせたスポーツミックスコーデに仕上げたりしてみてくださいね。

 

 

 

|涼やか素材なら見た目も重くなりすぎない

 

リネンやガーゼ素材なら風通しがよく、見た目でも涼感があるので、黒でも重くなりすぎずに夏らしう装いを実現してくれます。

 

出典:WEAR

 

首回りが大きく開いたVネックラインのタイプを選べばスッキリ感が出ますし、デコルテがキレイに見えて色気も程良くプラスすることができます。また、今季トレンドであるレギンスも白を合わせると、軽やかで抜け感のある着こなしを叶えてくれますよ。

 

 

 

|華やかに見せるなら、柄合わせやディテールにこだわりを

 

一見地味になりかねないシンプルな黒アイテムなら、柄アイテムを合わせたり、ディテールの凝ったものを選ぶことで、一気に華やいだ印象を高めてくれます。

 

出典:WEAR

 

例えば、大きくスリットが入ったデザインなら、トレンドのレイヤードスタイルにピッタリですし、黒バランスを程良く整えてくれます。存在感のある柄やカラーアイテムと黒を組み合わせることで一層大人っぽい装いへと仕上がりますよ。

 

 

暑い夏こそポイントに、そして時には主役に黒を取り入れるだけで、洗練度もグッと高まるもの。まずはカジュアルな印象になるアイテムだったり、トレンドの柄やカラーアイテムと合わせるときに、黒アイテムをチョイスしてみてください。意外とすんなりと着こなせるはずですよ。<text:Hiromi Anzai>


border