columnコラム

夏の抜け感演出ならおまかせ。オン・オフ大活躍“ローヒールミュール”は素材に注目して選ぶ

Twitter
LINEで送る

気持ちの良い陽気の日が続き、足元のオシャレも盛んになる夏。今季は特に抜け感やリラックス感のあるデザインのシューズに注目が集まっています。しかし、いくら抜け感といっても全部同じで手抜きはしたくないというのがオシャレを愛する女ゴコロ。そこでオススメのアイテムが“ローヒールミュール”です。

 

 

 

|ワンマイル先までならカジュアル素材で軽やかに

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

フラットヒールのエスパドーリユなら、即こなれ感が出ます。休日に近くのブランジェリーにブランチを買いに出かけるような気軽さが素敵。大きめのリボンがガーリーになりすぎず、大人の女性の使いやすい程良く可愛い雰囲気を醸し出しています。フラットヒールで厚底というほどでもなく、ジュートのおかげで自然なクッション性があり歩きやすいのもオススメのポイントです。

 

 

 

|ナチュラルきれいを目指すならベーシックカラーのレザーが素敵

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

ナチュラルきれいなコーデなら、やはりベーシックカラーのレザーミュールを合わせるのが一番。ヌーディな印象なので、ペディキュアがオシャレに映えるのも嬉しいポイントです。飾り気のなさが装い全体に統一感をもたらしてくれるので、今季らしい抜け感の演出にはぴったりハマりますよ。

 

 

 

|ポインテッドトウタイプでオフィススタイルにこっそり涼感を

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

「暑い季節にヒール靴で歩き回るのはツラい」「オフィスにサンダルは履いていけない」とお悩みの方にオススメしたいのが、ポインテッドトウタイプのレザー素材のローヒールミュール。ビット付きのローファーの、サイドと踵部分を落としたデザインならキリッとした印象なので、パンツスーツと合わせればまさにローファーな印象に、スカートに合わせてもきちんと感が演出できます。

 

 

 

|ドレッシーな装いには華やかなデザインをセレクトして

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

美術館や音楽会へのお出かけ、ちょっと気取ったレストランでの食事などドレッシーな装いをする際は、落ち着いた印象なのにリボンが可愛いスリッパ風のローヒールミュールがオススメ。スリッパデザインはイージーな雰囲気なりがちですが、レザー素材を選べば上品さを感じさせることができますよ。

 

 

涼しさとともに可愛らしさ、美しさ、そして快適さを追求できるのがローヒールミュールの魅力です。素材が違うだけで雰囲気ががらりと変わるので、素材選びにこだわってぜひ今季は様々なシーンに取り入れてみてくださいね。

 

 

top image出典:WEAR


border