beautyビューティー

太もものスキマをキープする3分ストレッチ

内ももの“たるみ肉”を予防する簡単習慣。太もものスキマをキープする3分ストレッチ

Twitter
LINEで送る

肌寒くなってきて脚のラインを露わにする機会も減るとは言え、キレイなレッグラインをキープするのは女としての嗜みと言えます。特に気をつけたいのが、“たるみ肉”が現れやすい内もも。それでは寝る前3分に実践するだけでOKの、太ももの引き締め効果を期待できる簡単ストレッチ法をチェックしておきましょう。

 

 

 

|太もものスキマのキープにお役立ち「ハムストリング筋ストレッチ」

 

内ももの“たるみ肉”を予防するためにアプローチしたいのが、太ももの裏にある「ハムストリング筋」。この筋肉は非常に大きな筋肉の1つで、ストレッチすることで太ももの引き締め効果だけでなく、代謝UPやヒップアップにも効果を期待できます。

 

 

(1)ベッドから一歩下がって真っ直ぐ立ち、片足をベッドの上に上げる

 

_MG_0435

 

 

(2)ベッドの上に乗せた足のつま先をつかんで動かないように支える

 

_MG_0438

 

 

(3)その状態をキープしたままお尻を後ろに引くイメージで膝を真っ直ぐ伸ばしてゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープする

 

_MG_0442

 

 

左右各3セットを目安に行います。

 

 

 

この「ハムストリング筋ストレッチ」の効果をしっかり得るため大切なのは「毎日継続して行うこと」になります。また、太ももの引き締めやヒップアップ効果だけでなく、代謝UPにも繋がるので太もも周りのセルライトの予防にも効果を期待できます。ぜひ入浴後や寝る前の美習慣に取り入れて、今冬もスキマのある太ももをキープしていきましょうね。

 

 

photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)


border