beautyビューティー

太りにくい体&ほっそりお腹を目指す簡単習慣

くびれ作りにも効果大。【太りにくい体&ほっそりお腹】を目指す簡単習慣

Twitter
LINEで送る

イベントやお出かけの機会の多い夏は自然と外食も増える季節。「気が付いたらお腹や脇腹に贅肉が…」という事態も起こりえます。そこでお腹周りのダイエットやサイズキープのために習慣に取り入れたいのがヨガの簡単ポーズ【ヴァーターヤねじり】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【ヴァーターヤねじり】

 

お腹周りに贅肉が付いてしまう原因の1つに腸内環境の乱れが挙げられますが、ねじる動きの効果により内臓の働きを活性化させ、太りにくい体へと整えてくれます。また、お腹周りの引き締めやくびれ作りにも効果的です。

 

 

(1)床に真っ直ぐに寝そべり、片方の脚の膝を両手で抱える

 

(2)息を吐きながら膝をカラダに引き寄せ、息を吸って戻すを3回繰り返す

 

(3)抱えている方の膝と同じ側の腕を真横に開く

 

(4)息を吐きながら膝を逆方向にねじり、ゆっくり腹式呼吸をしながら3呼吸キープする

 

 

終わったら手足を変えて反対側も行います。なお、効果をしっかり得るためにも、下写真のように「体をねじった際に肩が浮いてしまう」のはNG。

 

_MG_1063

 

ポーズをキープする際は「リラックスして肩全体を床に着けたまま行う」のがポイントになります。

 

 

【ヴァーターヤねじり】はリラックス効果も高いので、就寝前などのくつろぎ時間に実践するのもオススメ。実践し続けることでお腹周りの柔軟性も増し、サイズダウンも期待できます。内臓を活性化させて太りにくい体を作るためにも、ぜひ習慣化してみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年。サップヨガなど多様なレッスンが好評を呼んでいる)>


border