beautyビューティー

太りにくい体&ほっそり上半身を作る簡単習慣

お腹周り&背中のたるみ肉スッキリ。太りにくい体を作りつつ【ほっそり上半身】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

いざ体のたるみ肉を引き締めようと決意した時、ウエストや太ももなど正面から見えるパーツに意識が向いてしまうもの。でもオンナらしいメリハリ感のあるシルエットを実現するなら、当然のごとく“真横”からの見た目も重要になってきます。そこで習慣に取り入れたいのが、お腹と背中の引き締め効果を一挙に得られるピラティスの簡単エクササイズ【ブレストストローク・ピラティス】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【ブレストストローク・ピラティス】

 

平泳ぎのような動きで行います。腹筋や体幹の他、脊柱起立筋、上腕三頭筋、広背筋と様々な筋肉を同時に強化できる高効率なエクササイズです。

 

 

(1)床にうつ伏せになり、両手を体の側面に添える

 

(2)鼻から息を吸いながら、両手を頭の方へ伸ばす ※意識をお腹に集中させます

 

(3)口から息を吐きながら、顎を引いて頭頂部を斜め上に引き上げながら両手を円を描くように大きく回して(1)の姿勢に戻る

 

この(2)、(3)の動きを10回を目標に繰り返し行います。なお、(2)および(3)の時に下写真のように「顎が上がって身体が反ってしまう」と期待した効果を得られないだけでなく、首や腰を痛めてしまうおそれがあります。

 

 

実践時は身体が反らないように「常に顎を引いて行う」ことを心がけましょう。

 

 

ピラティスは“回数を多くこなすよりも、呼吸と動きの質が重要”とされています。回数を増やすのは呼吸と動きに慣れてきてからで十分なので、最初は目標回数を達成することから始めて、充分にこなせるようになってきたら(2)〜(3)の回数を増やしてみましょう。来たる夏に向けてぜひ習慣にして、太りにくい体とほっそりとした上半身作りに役立ててみてくださいね。。<photo:Akihiro Itagaki ピラティス監修:KANA(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年)


border