beautyビューティー

20kg減量した韓国女優がお手本。太りやすい体質でも【リバウンド予防できる】簡単ルール

Twitter
LINEで送る

ダイエットのためにエクササイズや食事など「努力の真っ最中」という方は少なくないと思いますが、いざ目標を達成した時「どうやって体型をキープしていけば良いか?」ということまで考えておかないと、リバウンドのリスクが付きまとってしまうもの。そこで参考にしたいのが、デビュー前に20kgの減量を行い、その後もリバウンドすることなく体型キープしている韓国の人気女優カンソラです。

 

出典:instagram

 

「もともと太りやすい体質」と語る彼女がダイエット期から今日までリバウンドさせないために実践しているという簡単ルールはぜひとも参考にしたいところ。早速その中身をチェックしてみましょう。

 

 

 

|リバウンドを予防するための“超シンプル”なルール3つ

 

ダイエット期から今日まで彼女が重視していることの1つが“食事管理”。事実、下記の3つのルールを守ることをルーチンにしていることを明かしています。

 

(1)1日3食規則正しく食べる

 

(2)18時以降は食べない

 

(3)どんなに空腹でも夜食を食べない

 

ダイエット経験者なら想像できると思いますが、特に“18時以降は食べない”、“どんなに空腹でも夜食を食べない”というルールは、一見簡単そうに見えてすごく厳しいものです。実際にどんなものを食べているかと言うと、朝食はヨーグルトをナッツ類、フルーツ、長芋などとミキサーにかけたもの。そして、1日の中でも一番しっかりと摂る昼食は一品料理ではなく定食を食べて野菜や肉などバランス良い食事を。そして、夕食はサラダとタンパク源である牛肉や鶏の胸肉など。

 

 

また、食事の合間に小腹が減れば、ナッツ類やフルーツ、サツマイモやヨモギ入りのお餅を少量摂るようにしているそうで、まさに「継続は力なり」といった印象です。

 

 

 

|“キレイな姿勢をキープすること”も大切なポイント

 

そしてダイエットには欠かせないエクササイズですが、彼女の場合は“カロリー消費”ではなく“キレイな姿勢をキープすること”に重点を置いているそう。中でも熱を入れて実践しているのが、バレエの動きを取り入れたストレッチとのことです。

 

 

“キレイな姿勢をキープすること”は、肺が酸素を大きく取り込めるようなることで脂肪燃焼の効率が上がり、脂肪燃焼を促す“褐色脂肪細胞”を活性化することにもなります。特に褐色脂肪細胞は肩甲骨周辺やわきの下など身体の背面部に多いので、活性化させるためにも彼女の取り組みは「理に適っている」と言えるでしょう。食事管理のルールだけでなく、エクササイズの取り組み方もぜひ参考にしたいところです。


border