hairヘア

寒色系&とろみ感が2017春のヘアカラートレンド

注目ワードは“寒色系”&“とろみ感”。2017年大きな進化を遂げたヘアカラーの春トレンドは?

Twitter
24
LINEで送る

「ヘアカラーが大進化を遂げた」と言っても過言ではない2017年。これまでハイトーンの髪色にするときはブリーチが必要でしたが、ヘアカラー剤だけでハイトーンの髪色を実現できるようになったのです。そこで今回はそんな大きな進化を遂げたヘアカラーの春トレンドをチェックしてみましょう。注目ワードは“寒色系”&“とろみ感”です。

 

 

 

|圧倒的透明感が嬉しい“アディクシーカラー”って何?

 

 

圧倒的柔軟さと透明感を演出してくれる、2017年大注目のヘアカラーが“アディクシーカラー”。外国人の柔らかな色味や脱力感をヘアカラー竿だけで実現可能になりました。セピアとブルーが混ざった神秘的なカラーで、ずば抜けた透明感と軽やかな動きを実現。色の変化を楽しみやすいカラーなのでグラデーションカラーで楽しむのがオススメです。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

 

 

|外国人風カラーの最高峰“とろみカラー”にも大注目

 

 

サファイヤ×グレーパールをのせた透明感MAXのとろみ感が特徴の注目髪色。ふんわり感のあるドライなスタイリングも、束感を楽しむセミウェットなスタイリングもクールにキマります。ハイライトとローライトをバランスよく組み込めば暗髪の方でも合わせやすいのもオススメの理由です。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

 

 

|重たく見えがちなスタイルこそ“ヘアカラーで軽く見せる”がイマドキ

 

 

寒い冬から春への移り変わりを楽しむなら断然“寒色系カラー”をメインにしたヘアカラーがオススメ。10トーンから7トーンのマットな質感のダークブラウンなら重たさの中にも透明感をキープできるので、スケルトンな髪色づくりが楽しめます。しっかりとした立体感も生まれるので、スタイリングの幅も広がりますよ。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

 

 

|“あえての黒髪っぽさ”も大人可愛さに欠かせません

 

 

「学校や職場が厳しくて髪色を明るくできない」と言う方にオススメしたいのが“あえての黒髪っぽく”見せる髪色。黒髪ってアカ抜けしないイメージもあるので、スタイリングで印象をランクアップさせましょう。ボブの方なら、ストレートアイロンで外ハネさせて仕上げにベビーオイルでツヤ&束感を作るだけでOKですし、ミディアムやロングの方なら手ぐしで大雑把にまとめた無造作スタイリングがこなれ感を生み出してくれます。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

 

 

|やっぱり“寒色系カラー”こそ2017春の鉄板カラー

 

 

2017春のトレンドカラーと言えば真っ先に挙がるのがピンクですが、ヘアカラーはなんだかんだ言っても“寒色系カラー”なら間違いありません。バツグンの透明感を演出できる“アッシュ”、赤みが強く出がちな方には特にオススメの“マットカラー”、こなれた印象を引き立てる“グレージュ”などなど、春の髪色に迷っている方は、ぜひ定番とされる“寒色系カラー”でイメチェンを図ってみてください。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

 

 

このように2017年はカラーの進化が著しく、これまでなかった髪色が楽しめます。ぜひ参考にして、まずは春のイメチェンを成功させちゃってくださいね。

 

 

参照:【外国人風~寒色系】2017年は『カラー』の年!!憧れのヘアカラー大全♪


border