make upメイク

小顔感を2割増しする簡単メイクテク

出典:DHOLIC

ポイントは顔の左右にハイライトを入れること。【小顔感2割増し】の簡単メイクテクを✓

Twitter
LINEで送る

エイジレスな雰囲気も漂う“卵型の小顔”は全女性の憧れ。「もともとの骨格だから…」と諦めなくとも、メイクで簡単に理想の“卵型の小顔”を叶えることができます。そこで今回は顔の左右にハイライトを入れて“あえてボリューム感をプラスする”ことでさらなる小顔効果を得られるテクをチェックしてみましょう。

 

用意するコスメは、

 

A:明るめのコンシーラー、B:暗めのコンシーラー

 

の2つでOKです。

 

 

(1)おでこの中央に明るめのコンシーラーで2、3本の線を横に広く長く描く

 

 

 

(2)鼻先に明るめのコンシーラーを短くのせる

 

 

この部分にハイライトを入れることで、鼻筋を高く、長い鼻は短く見せることができます。

 

 

(3)あごの中央に明るめのコンシーラーをのせる

 

 

唇のすぐ下とあごのラインをのぞいた部分に横に長く領域をとります。

 

 

(4)目頭の下&頬骨からこめかみに向けて明るめのコンシーラーをのせる

 

 

 

頬骨からこめかみに向けてのせるときは水平を意識しましょう。

 

 

(5)おでこの生え際に暗めのコンシーラーをのせる

 

 

おでこの生え際のラインに沿って3ヶ所に分けて細くのせます。

 

 

(6)頬の下に細く暗めのコンシーラーをのせる

 

 

耳から唇まで線を引くイメージで横に細くのせます。

 

 

(7)あご先のライン上&唇の直下に暗めのコンシーラーをのせる

 

 

あご先にのせるときは、正面を見たときにあごのラインより少し上の部分に唇の幅くらいの長さでのせます。

 

 

(8)明るめのコンシーラーをのばしていく

 

 

 

 

鼻筋はポンポンと押すように素早くぼかし、頬の部分は広いので、左右にこすりながらのばします。暗めのコンシーラーと色が混ざらないように注意しましょう。

 

 

(9)暗めのコンシーラーをのばしていく

 

 

 

 

おでこの生え際はなでるようにのばし、頬は軽く押すような感じでスポンジを動かして明るめコンシーラーとの境目をぼかすようにスポンジの広い面でたたいてぼかして自然に馴染ませます。その後、あごのラインに沿ってのせた暗めのコンシーラーをスポンジを押すようにしてのばして完成です。なお、のばすときは明るめのコンシーラーと色が単純に混ざらないように注意してください。

 

 

このメイクテクは、美人顏と言われる反面、実年齢よりも上に見られることも多い面長さんに特にオススメ。面長さんの場合、顔の上下にシェーディングを入れるだけという方も多いかもしれませんが、実はこの方法をとることでバランスの良い小顔演出が叶います。要領を得てしまえば難しくはないので、ぜひ試してみてくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border