columnコラム

差の付く淡色ワントーンコーデを愉しむコツ

出典:WEAR

フェミニンさ引き立つ。ちょっぴり差の付く【淡色ワントーンコーデ】を愉しむコツ

Twitter
LINEで送る

フェミニンな柔らかさが引き立つ【淡色ワントーンコーデ】は季節感の演出にピッタリだけでなく、気分まで軽やかになるもの。でも、色味でメリハリが出ない分、のっぺりした印象にならないよう奥行き感にこだわるのが洒落見えのポイントになります。それでは差の付くワントーンコーデを愉しむコツを早速チェックしてみましょう。

 

 

 

|オンナっぷり高まる“スカート主役”の着こなしでリラクシーに

 

守ってあげたくなる柔らかなフェミニンさを演出してくれるのが“スカート主役”のワントーンコーデは。程良くリラックス感をコントロールするのが洒落感UPのカギです。

 

出典:WEAR

 

トレンドのスポーツミックスコーデなら、今春っぽくベージュピンクのワントーンで。スカートが主役なので、きれいめシルエットのコンパクト丈パーカーでバランスを整えるのが着こなしのポイントです。また、メタリックなスニーカーでエッジを効かせると大人感も高まります。

 

 

大人っぽくガーリーな着こなしを愉しみたいときにピッタリなのが、フレッシュなイエローのワントーンコーデ。

 

出典:WEAR

 

爽やかなマルチストライプが目を引くスカートの柄の色に合わせたトップスを選ぶのが大人っぽいバランス感をキープするポイント。新鮮さを引き出すなら顔周りを明るく見せるフレッシュイエローをトップスに合わせましょう。また、足元にはトレンドのスニーカーを合わせて程良い抜けをプラスするとこなれた雰囲気を演出できます。

 

 

春らしくレースのティアードスカートを主役にするなら、スカートがラブリーだからこそ、甘さをちょっぴり抑えるようにバランスを取るのが大人の嗜み。

 

出典:WEAR

 

ポイントとなるのがベージュカラーの使い方です。ゆるっとしたカーディガンからのぞくタンクトップや、シンプルなスニーカーで取り入れると上下でアイキャッチになるので、程良く引き締まった着こなしが叶います。

 

 

 

|洒落感が引き立つ“パンツスタイル”は質感でメリハリの演出を

 

オフィスにも馴染みやすいパンツスタイルをワントーンで愉しむときは、トップスやパンツの質感の差にこだわるのがお約束。また、シルエットをきれいにまとめるのもポイントです。

 

出典:WEAR

 

落ち感がきれいなサテンのシャツに、太畝のコーデュロイワイドパンツを合わせたオールホワイトコーデは、素材の質感の違いが着こなしに立体感と奥行き感を演出しています。シャツは襟を抜いて首元のスッキリ見せで抜け感をプラスしてオンナ度高めの装いに仕上げましょう。

 

 

スカートライクなフェミニンさが魅力のとろみ感のあるワイドパンツは。フィット感のあるトップスと合わせてメリハリをつけるのが正解。

 

出典:WEAR

 

トップスはシャープさが加わりきれいめな印象が引き立ちVネックのアイテムがオススメ。また、足元にはラベンダーカラーのような柔らかな色味を差し込むと自然とオンナっぷりも引き上がります。

 

 

ホワイト+ベージュのワントーンのパンツスタイルは程良い肌見せが洒落見えのポイントです。

 

出典:WEAR

 

上下ホワイトのコットンアイテムにリネンなど素材感のあるゆったりシルエットのベージュカラーのジャケットを合わせた抜け感コーデですが、トップスを胸元が少し広めに開いたアイテムを合わせたり、ジャケットの袖を捲って手首を見せて抜け感を加えると、大人っぽさがほんのり薫る着こなしになります。

 

 

このように爽やかでオンナらしさが際立つ淡色ワントーンコーデは、質感やシルエットにメリハリを演出すると洒落感たっぷりの着こなしが叶います。ぜひ着こなしの参考にしてみてくださいね。


border