beautyビューティー

巻き肩予防簡単ストレッチでバスト印象を底上げ

胸を開いてバスト印象を底上げ。デコルテ美人に導く“巻き肩予防”簡単ストレッチ

Twitter
LINEで送る

胸元の開いたカットソーなど涼やかなアイテムを身に着ける機会も増えてきましたが、華奢感をキープする上でも、バストもキレイに見せるためにもデコルテのスッキリ感は欠かせないもの。そんなデコルテのキレイ見せの大敵となるのが“巻き肩”の症状です。また、巻き肩の状態が続くと呼吸が浅くなったり血行も悪くなったりと、代謝の低下さえ招いてしまうこともあります。

 

そこで役立てたいのが、肩甲骨周りの筋肉やインナーマッスル(ローテーターカフ)に一挙にアプローチできる簡単ストレッチです。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【巻き肩予防ストレッチ】

 

(1)椅子または硬めのベッドに背筋をまっすぐ伸ばして斜めに腰掛け、片腕を後ろに回して背中下部に当てる

 

_MG_0559

 

 

(2)背中下部に当てた腕の肘を逆の手で持ち、手前に引き寄せてゆっくり呼吸をしながら30秒間キープする

 

IMG_1233

▲肘を引き寄せる際は首元に力が入らないように注意しましょう

 

この一連の動きを左右各3回行います。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると肩甲骨周辺の動きが良くなり軽さを実感できるようになります。胸元を露出する機会が増える夏だからこそ、スッキリ印象のデコルテのキープは必須。ぜひ日々のボディケア習慣に取り入れてスタイルアップに役立ててくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)

 


border