make upメイク

思わず触れたくなるもっちりマット肌のつくり方

思わず触れたくなるモテ肌を実現。ふわふわなのにすべすべ【もっちりマット肌】のつくり方

Twitter
LINEで送る

肌寒く乾燥する日が続いていますが、きちんとベースメイクを仕込んで、思わず頬ずりしたくなったり触れたくなるようなモテ肌で過ごしたいもの。そこで今回はふわふわなのにすべすべな【もっちりマット肌】のつくり方をチェックしてみましょう。華やかさもありつつカバー力も高いので、デートなどの接近戦にも強い味方になりますよ。

 

 

用意するコスメは、

 

パール入りのメイクベース、マットタイプのファンデーション、ファンデーション用スポンジ、パフ、ルースパウダー

 

になります。

 

 

(1)下地を整える

 

 

化粧下地が手元にない方は「化粧水→乳液→日焼け止め」の順に重ねていきます。

 

 

(2)パール入りのメイクベースで肌トーンを整える

 

▲メイクベースの色味は、普通の肌色の方はピンク、赤みが強い肌色の方はグリーンを使用してください

 

パール入りのメイクベースをまんべんなく顔に置いて、オイリー肌の人はスポンジで、乾燥肌の人は手でのばしていきます。顔の外側までいかないように注意しながら、トントンと跳ねるようにのばすのがコツです。

 

 

(3)マットタイプのファンデーションを内側から外側にむけて数回に分けて塗る

 

 

マットな質感のファンデーョンをトントンと叩くようにしながら、広い面から狭い面へ、内側から外側へとのせていきます。密着力とカバー力が高めるために、一度で厚く塗るのではなく、何回も薄く重ね塗るのがポイントです。また、そばかすや赤みなどをカバーする際は、顔全体にごく薄くファンデーションを塗った後、気になる部分にだけ重ね塗りをしましょう。

 

 

(4)くすみ&クマをカバーする

 

 

ファンデーションだけではカバーできないくすみやクマなどをコンシーラーでカバーします。カバーの用途やコンシーラーの質感が違っても、コンシーラー専用のブラシを使うのがポイントです。

 

 

(5)ルースパウダーを軽くのせる

 

 

軽く肌にのる固定力の高いルースパウダーを顔全体にパフでのせます。プレストパウダーは密着力はいいのですが、もっちり質感の肌を演出するには不向きなので、必ずルースパウダーを使いましょう。

 

 

(6)ブラシで余計なルースパウダーをはらう

 

 

ルースパウダーをのせた後、扇型の平たいパウダーブラシで余分なパウダーを軽くはらって完成です。

 

 

華やぎ感もありつつ落ち着いた雰囲気も醸せるもっちりマット肌はアイメイクやリップメイクが一層映えますし、定番のツヤ肌メイクに飽きたという方にもオススメ。ぜひ思わず触れたくなるようなすべすべの柔らか肌で新鮮な表情を愉しんでくださいね。<text:kanacasper(カナキャスパ) model(top image):Arisa


border