dietダイエット

整形並みの大変身を叶えた劇的ダイエットの秘訣

3ヶ月で16kgの減量達成。整形並み【くっきり二重に大変身】を叶えた劇的ダイエットの秘訣

Twitter
LINEで送る

「かつて体重が64キロあった」と告白して大きな話題を呼んだのが、韓国の人気オーディション番組「プロデュース101」出身のDIAのチェヨン。アイドルとしてはやはり減量が必須と考えたそうで、デビュー前にダイエットに取り組み、なんと3ヶ月で16kgの減量を達成したそう。

 

出典:instagram

 

16kgも痩せれば当然見た目も変わるもので、「まぶたの肉が痩せたことで目の二重ラインがくっきり濃くなった」というからうらやましい限り! まさに“整形並み”の劇的ダイエットだったわけです。そんなチェヨンが実践したダイエットの内容から、ぜひ参考にすべき秘訣を早速紐解いてみましょう。

 

 

 

|徹底した“厳しすぎる”食事管理

 

気になるチェヨンのダイエット法の要は、決して健康的とは言えない“厳しすぎる”食事管理にありました。ダイエット当時は、絹ごし豆腐とミニトマト(少量)に、飲み物は豆乳だけと、かなりストイックな食事内容。やはり極端な食事管理は体調を崩すことにつながったようで、現在は栄養バランスのとれたヘルシーな食事管理を実施して体型キープに役立てているそうです。

 

 

チェヨンのように食事の総カロリーを減らすダイエットを行う際は、「良質なタンパク質、ミネラル(野菜類)、糖質をバランスよく摂取すること」を強く意識することが何よりも大切。せっかく痩せても肌や髪がボロボロになりますし、筋肉だけが削げ落ちた貧相なボディになってしまっては意味もありません。それに筋肉量が下がってしまうと、当然リバウンドリスクも高まります。

 

 

 

|冷蔵庫の前に体重計を置く

 

ストイックな運動を毎日行うよりも、日常生活のなかでカロリーを消費することを意識していたというチェヨン。天気のいい日は1〜2駅分歩いてみたり、エレベーターやエスカレーターの使用を控えて階段を使うようにするなど、日々の小さな積み重ねが大切ということがわかります。

 

 

そして彼女がダイエットをやめた今でも実践しているのが「冷蔵庫の前に体重計を置く」こと。食事前に体重を測ることで食欲を抑えてドカ食いを予防しているのだとか。これはすぐにでも真似したい習慣です。

 

 

大幅なダイエットに成功しても激しいリバウンドを繰り返す人も多い中、現在でも身長163cmで体重48kgというスレンダー体型をキープしているチェヨンはダイエットを通して痩せ習慣がしっかり身についているとも言えます。さすがに彼女のダイエット当時の“厳しすぎる”食事管理はオススメできませんが、食事管理をしっかり行っていきたい方は、まずは“冷蔵庫の前に体重計を置く”ことから始めてみるのも良いかも知れません。<text:kanacasper(カナキャスパ)>


border