columnコラム

【思考をキレイにする旅の仕方(71)】旅のよさの一つは視点が増えることです

Twitter
0
LINEで送る

たとえばドイツへ旅に出かけたとします。

 

出発するまでは日本から見たドイツの視点しかありません。

 

旅を終え、ドイツから帰国した際、日常生活の中で、

 

「あれ?歩道が狭く感じるなぁ」

 

と思ったら、それは視点が増えているのです。

 

 

 

旅のよさの一つは視点が増えること。

 

視点が増えることは思考の幅が広がることにつながります。

 

とても小さなことですが、視点を増やす積み重ねは、

 

人生の様々な場面における発想や考え方が変わってきます。

 

テレビやインターネットを見てできた視点は、なかなか身に付きませんが、

 

実際の体験を通してできた視点は確実に身に付きます。

 

 

その感覚が身につくと普段、日本で生活していても視点が増えやすくなります。

 

視点が増えることはいいのですが、

 

帰国子女の方に、時折、見られる「ドイツでは…」や「アメリカでは…」と、

 

常に外国が正論のように主張する「では」星人になってしまうと、

 

せっかくいいことを思いついているのに、なかなか受け入れてもらえません。

 

 

 

視点が増えることは偉くも何もありません。

 

ただ、自分の思考が豊かになる……それだけでいいのです。

 

 

text:イシコ http://sekaisanpo.jp/


border