columnコラム

旬顔ガウンでとろみ感のある春の着こなしを

いつものコーデに羽織るだけ。今旬アイテム“ガウン”でとろみ感のある着こなしを

Twitter
LINEで送る

春になったとは言え油断すると寒さも感じる毎日。軽めのアウターが手放せない方も少なくないと思いますが、今季特に注目したいのがコートよりも軽やかな“ガウン”です。しかし、実際にどのように着こなせば良い不安を持っている方も少なくない様子。そこで今回は素材選びをテーマにオシャレなコーデ実例を交えて着こなしのコツを紹介します。

 

 

 

|ニット素材は明るめカラーを選ぶが正解です

 

出典:ZOZOTOWN

 

ニット素材のガウンを選ぶ際のポイントはカラーのチョイス。ニット素材は冬の印象を与えることもあるので、例えばピンクなどのトレンドカラーや、グレーならダークグレーよりもライトグレーを選ぶと春らしさを演出することができます。さらにインナーやボトムスに白いアイテムを差し色として使えば全体の印象が明るくなります。足元はヒールやパンプスなどを合わせると大人シックな印象に、スニーカーを合わせると大人なカジュアルスタイルに仕上りますよ。

 

 

 

|ロマンチック使いからカジュアル使いまで“万能さが嬉しい”ボタニカル柄

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

ボタニカル柄は特にバリエーションが多く様々なブランドから展開されています。生地はブラウスに使われるようなシフォン素材のものが多く、ロマンチック使いからカジュアル使いまで幅広く使えるのも特長。デニムやカーキやブラウン系のカジュアルテイストなボトムスと合わせるとトレンド感のある仕上がりになりますし、袖をルーズにまくったり、オーバーサイズのルーズなトップスと合わせるのもオススメですよ。

 

 

 

|個性を演出するならデニム素材をチョイス

 

 

出典:ZOZOTOWN

 

個性を大切にする方に特にオススメなのがデニム素材のガウン。フェミニンなワンピと合わせるのも可愛いですし、あえてセットアップ風にデニム×デニムのコーデに挑戦するのもオシャレです。足元には、フェミニンな印象に仕上げるならミュールやサンダル、少しクールでスパイシーな印象にまとめるならパンプスを持ってくるのがオススメ。また、どうしてもカジュアル感が強いコーデになるので、インナーや小物でラグジュアリー感を出すことも大人感を演出するポイントですよ。

 

 

 

春を感じさせるガウンは丈が長くてデザインがすっきりとしたクールなものが多いため、とろみ感のある大人っぽさを演出できますし、春風から守ってくれる実用性も兼ね備えています。色選びや素材選びで軽やかな印象を演出すること、さらにルーズさをプラスすることを心がけて、ぜひ上手に着こなしてくださいね。

 

 

top image出典:ZOZOTOWN


border