make upメイク

春メイクはダブルカラー使いで旬の目元に

春はダブルカラー使いで旬の目元に。なりたい雰囲気を叶えるカラーメイクのポイント

Twitter
0
LINEで送る

顔印象を左右する目元は少し変化をプラスするだけでグッと異なる雰囲気を演出できます。特に新色カラーが豊富に登場する春は、遊び心あるカラーメイクを愉しむのにピッタリな季節。そこでオシャレ度がアップするこの春オススメのダブルカラー使いのアイメイクを、数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアーティスト・岩下倫之さんに教えてもらいます。

 

メイクのやり方は前回レクチャーした方法と同じですが、なりたい雰囲気に合わせたカラー選びが大切になります。早速ポイントをチェックしてみましょう。

 

▶︎春カラーで印象をアップデート。プロから教わる“失敗ナシ”のカラーメイクのポイント3つ

 

 

 

|グリーン×イエローで“ピュアで新鮮”な目元に

 

フレッシュなグリーンと、さりげない可愛らしさを醸し出してくれるイエローのダブルカラー使いは、ピュアでやわらかさ溢れる女性らしい印象に仕上げてくれます。

 

 

淡めのイエローは目頭側に、グリーンは目尻側にオン。近しい色合いなので、目尻側のキワはしっかりシメてメリハリをつけてください。ただ可愛いだけでなくきちんと感も出るので、好感度もグッとUPしますよ。

 

 

 

|パープル×イエローで“洗練された色気”を纏った目元に

 

パープルというと一見老け見えしてしまいそうな難カラーですが、パステル系のラベンダーカラーをチョイスするとやわらかいニュアンスに仕上がるのでトライしやすくなります。

 

 

パープルは目尻側に、イエローを目頭側にオン。ラベンダーカラーならイエローとも馴染みが良く、色っぽさがありながらも洗練度高めな目元に仕上がりますよ。

 

 

 

|ブルー×イエローで“クールなのに柔らか”な目元に

 

クールな印象を与えてくれるブルーは、イエローとの合わせ技で春らしさを演出。凛とした中にやわらかい印象がプラスされて愛嬌感じる目元が完成できます。

 

 

ブルーを目尻側に、イエローを目頭側にオン。ブルーニュアンスがいつもと違った女っぽさをグッと際立ててくれるので、夜デートなどでギャップを演出したいときにオススメですよ。

 

 

 

なりたい印象やシーンによってメインのカラーを選び、濃淡をつけてあげることもダブルカラー使いのアイメイクを愉しむための大切なポイントです。ぜひ参考に様々な色の組合せにトライして、自分らしさが際立つ配色を見つけてくださいね。<text:Hiromi Anzai photo:本城直季(Naoki Honjo) model:山下奈々美 メイク監修:岩下倫之


border