beautyビューティー

最旬細いけど強いボディを実現するお手軽エクサ

細いけど“強い”しなやかボディに。有名女優の担当トレーナー直伝2つの簡単エクサ

Twitter
3
LINEで送る

近頃では人気モデルや芸能人たちもこぞってウエイトトレーニングなどに励んでいる様子がインスタをはじめ様々なメディアでこぞっと公開され、まさにボディメイクが世界的ブームになっていることがうかがえます。そんな中、最も旬なボディと言えるのが“細くけど強いボディ”なんです。

 

例えば、映画『ラ・ラ・ランド』でオスカーを獲り、昨年一番稼いだとも言われる女優エマ・ストーン。名実ともに超有名女優となった彼女も、実は“細いけど強いボディ”を作るため、ハードなワークアウトを続けている様子が彼女の通っているジムのインスタに公開されています。

 

 

特に最近は役作りのためにワークアウトを強化しているそうで、パーソナルトレーナーであるジェイソン・ウォルシュ氏は「エマは1日2回のウエイトトレーニングを行って7kgの筋肉をつけた」と公表しています。

 

 

 

|“細いけど強いボディ”を作る自宅エクササイズ2つ

 

エマがジムで実践していたトレーニング内容は、90kgの重りを押したり、84kgのダンベルを重量挙げしたりといったもので、さすがに安全に行うためにもプロのトレーナーの指導の元でなければ実践できません。そこで自宅で簡単に行えるトレーニング方法をウォルシュ氏に伝授してもらいました。

 

 

■重りを押す運動の代替エクササイズ

 

 

床に両手をつき腕立て伏せの姿勢になる。それから片脚ずつ膝を胸に近づける運動を左右交互にゆっくり行う。30秒行ったら30秒休むというペースで、これを10セットを目安に実践する。

 

 

■重量挙げの代替エクササイズ

 

 

肩幅より広めに両脚を広げて立ち、つま先と胸を真っ直ぐ正面に向けたまま、両手に軽めのダンベル(2kg前後)を持ち、ヒップを前に押し込むようにして上半身を上げる。これを1セット10回、2セットを目安に実践する。

 

 

 

|“細いけど強いボディ”を作るには食事も大事!

 

さらにウォルシュ氏によれば、食事で筋肉の基礎を得るのも大事とのことで、特に「プロテインの摂取が大事」になるそう。

 

 

プロテインは筋肉の元となるだけでなく、エクササイズで疲れた体を癒す効果もあるそうで、3食だけでなく、ヨーグルトやスムージーなどを間食として摂ることも大事とのことです。

 

 

 

筋肉がしっかり吐けば、単に体が強くなるだけでなく、太りにくくなったり、疲れにくくなるなどの嬉しい効果もたくさん期待できます。適切な運動と食事をきちんと行って、ぜひエマのようなトレンドの“細くけど強いボディ”を手に入れましょう!

 

 

text:ピーリング麻里子


border