beautyビューティー

肩甲骨周辺の柔軟性キープでバスト美人に。疲労緩和にも役立つ簡単“肩甲骨はがし”ストレッチ

Twitter
LINEで送る

暑い毎日の中、疲労感がかなり溜まってしまっている方は少なくないと思います。中でも首、肩、背中周りに疲労感が蓄積すると、自然と背筋が丸まってしまったり、肩が内側に入った状態になったりとバストラインを崩す原因にもなりかねません。

 

そこで役立てたいのが、椅子に座った状態で実践でき、特に肩甲骨周りへアプローチする簡単ストレッチ。肩甲骨周りの筋肉の柔軟性を取り戻せば姿勢も改善され、自然とスタイルアップを期待できます。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【肩甲骨はがしストレッチ】

 

 

(1)椅子に座り足を大きく開き、両手を後頭部で組む

 

(2)背中を丸めるようなイメージで頭をゆっくり前に倒し、深く呼吸をしながら30秒キープする

 

(3)さらに片方の膝に頭を近づけるようにしてゆっくり上体を倒し、深く呼吸をしながら30秒キープする

 

(4)反対側も同様に(3)を行う

 

 

このストレッチの効果をしっかり得るためのポイントは「椅子に浅めに座ること」「頭の重さを利用して自然に体を倒すこと」になります。

 

_mg_9202

 

そして(3)、(4)の左右に倒すときに「上半身を少しねじる意識を持って行うこと」も大切なポイント。ぜひ心がけて実践してみてください。

 

 

この【肩甲骨はがしストレッチ】はすべて行っても約2〜3分程度でできる簡単なストレッチですが、バストアップ、上半身の引き締め、コリや痛みや疲労感の緩和などさまざまな効果を期待できます。ぜひ実践して肩甲骨周りの筋肉の柔軟性をキープしつつ、スタイルアップも叶えてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)


border