columnコラム

涼やかお洒落な真夏のtシャツコーデのコツ

出典:WEAR

プチプラTでもグッとお洒落。涼やかにキマる【真夏のTシャツコーデ】のコツ5つ

Twitter
LINEで送る

お出かけの機会の増えてくる夏本番はTシャツがコーデの頼もしい相棒になってくれますが、シンプルな装いになるからこそ、涼やかかつお洒落にキマる着こなしテクを抑えておきたいものです。それではお洒落さんたちのコーデをお手本に、狙い目アイテムとコーデのコツを早速チェックみましょう。

 

 

 

|シンプルコーデこそ“ロゴT”を強い味方に

 

ロゴT選びの基本は、着丈がインもアウトもしやすい絶妙な丈感を選ぶこと。それだけでコーデ幅がグッと広がります。

 

出典:WEAR

 

こちらはくすんだレトロな雰囲気のベージュカラーとシンプルなロゴデザインが特徴のLOWRYS FARMの「ロゴプリントTEE」を使用したコーデ。肩の落ち感のあるデザインなのでリラクシームードたっぷりの大人カジュアルによく合います。一見難しく思えるくすんだカラー同士の組み合わせはトーンを合わせることがコーデを上手にまとめるコツ。また、サンダルやバックなどの小物にスパイスを効かせて地味見えさせないのもポイントです。

 

 

 

|旬な“ミントグリーン”で爽やかなガーリーコーデ

 

トレンドカラーの涼やかな“ミントグリーン”のTシャツを使ったコーデはついきれいめにまとめてしまいたくなりますが、うまくカジュアルさをミックスさせてこなれ感を引き立てるのがお洒落に着こなすコツです。

 

出典:WEAR

 

こちらはtitivateのTシャツを使ったコーデ。ホワイトのタイトスカートと合わせ、サコッシュやスニーカーを合わせることで、きれいめなのに大人可愛いカジュアルコーデに昇華させています。また、キャップを合わせてさらにカジュアルに、麦わらのつば広帽子を合わせてよりガーリーにと小物合わせで雰囲気チェンジを愉しめるのも嬉しいポイントです。

 

 

 

|スタンダードなTシャツこそボトムスや小物で自分らしさを演出

 

スタンダードなデザインのTシャツこそ、合わせるボトムスや小物がコーデを作る上で大事な要素となってきます。

 

出典:WEAR

 

こちらはシンプルで着回しの効くユニクロの「クルーネックT」を使用したコーデ。スカーフを首元に足すだけでレディライクな印象にシフトチェンジできますし、足元をミュールや先のあるバレエタイプのサンダルにすると一層きれいめなイメージに仕上がります。また、より今っぽい雰囲気にまとめるなら、人気再燃中の大きめのバングルやシルバー系のアクセを合わせましょう。

 

 

 

|スタイルアップの叶うパンツと合わせてきちんと感UP

 

白やベージュの明るめカラーを着たくなる夏は、スタイルアップも叶うきれいめラインのパンツと合わせてきちんと感もある大人カジュアルスタイルに。

 

出典:WEAR

 

こちらはナチュラルな風合いの生地感が特徴のchaco closetの「ワッフルフレンチスリーブ半袖T」を使用したコーデ。フレンチスリーブになっていて、ほどよく肩回りをカバーしてくれる涼しげなデザインになっているので、あえて黒を選ぶことで落ち着いた雰囲気を演出できます。また、小物をクリアや白っぽいアイテムで統一すると季節感や清潔感も高まります。

 

 

 

|目を惹くビタミンカラーを差し色にして旬な雰囲気を

 

華やかで夏らしいビタミンカラーはコーデの差し色にぴったり。今シーズントレンドのベージュカラーのアイテムと組み合わせて、オンナ度を高めつつ優しい印象に仕上げましょう。

 

出典:WEAR

 

こちらは肩あきデザインが特徴でもあるmysticの「デザインリブT」を使ったコーデ。適度な伸縮性のあるテレコ素材で身体にきれいにフィットしてスタイリング映えしてくれるので派手なビタミンカラーでも合わせやすく、マンネリしがちなTシャツコーデにスパイスを効かせることができます。

 

 

暑い夏は何枚もあっても困らないTシャツですが、スタンダードなものから個性的なものまでデザインは様々。ぜひプチプラアイテムで賢く揃えつつ上手な着こなしで、より夏コーデをお洒落に満喫しましょうね。<text:Chami>


border