make upメイク

理想の顔印象を叶える眉メイクのコツ2018

【眉メイク】理想の顔印象を叶える“失敗しない”コツをプロのヘアメイクが解説

Twitter
LINEで送る

形をほんの少し変えるだけで顔印象を操作してしまう“眉”。顔の中でも重要なパーツですが、だからこそなかなか思い切って変化をつけられず、理想とする顔印象から遠ざかっている方も少なくないと思います。

 

そこで今回は、数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアップアーティスト・岩下倫之さん「失敗しない眉メイクのコツ」「印象チェンジの方法」を解説してもらいます。

 

 

 

|2018年イチオシ“ふんわりやわらか眉”の失敗しない作り方

 

眉山の角度が強かったり、眉とまぶたとの距離があったりすると、目元が腫れぼったくキツい印象に見えてしまいがち。眉でやわらかさをプラスしてあげるだけで、濃いめのアイシャドウやリップも一層引き立ちます。早速、失敗しない眉メイクのコツをチェックしてみましょう。

 

 

(1)眉山の下に眉頭の延長線上の少し上くらいに印をつける

 

 

 

 

(2)アイブロウペンシルで眉頭から印に向かって平行に描いて眉下ラインの肉付けをして眉尻につなげる

 

 

【失敗しないコツ(1)】パウダーだとぼやけてしまうので、ハッキリと描きやすいペンシルを使いましょう。

 

 

 

(3)余計な眉毛を切る

 

【失敗しないコツ(2)】余計な眉毛を切るときは、一度コンシーラーで消して眉の形を決めてから切ると、失敗しにくくなります。

 

 

 

(4)形が整ったら眉の隙間をアイブロウパウダーでぼかし、最後に眉マスカラで仕上げる

 

【失敗しないコツ(3)】眉マスカラは髪色よりも少し明るめカラーを選んで、表情を明るく見せましょう。

 

 

 

(5)完成した眉がこちら

 

【(上)before (下)after】

 

眉山がなめらかなカーブを描いた“ふんわりやわらか眉”で、表情もグッとやさしい印象に仕上がります。

 

 

 

さらにここから眉全体を下げたり、短くすることで顔印象もガラッと変わります。

 

 

 

|印象変化を引き出すためにできること

 

一層やわらかく優しい印象を強めるなら、目元がより強調されるように眉山のカーブをなだらかにして、まぶたとの距離を縮めて眉全体を下げ気味に作りましょう(下画像左)。

 

 

一方、より可愛らしい印象に仕上げるなら、顔のパーツ全体が顔の中心に集まって見えるように眉山を気持ち内側に寄せ、眉全体も気持ち短めに仕上げます(上画像右)。

 

 

 

このように目元メイクを変えなくても、眉をほんの少し工夫するだけで顔印象をグッと変えることができます。

 

 

ぜひ日頃の眉のお手入れやメイクの参考にして、今年こそ理想の顔印象を叶えてくださいね。<text:Hiromi Anzai photo:本城直季(Naoki Honjo) model:山下嘉織 メイク監修:岩下倫之


border