beautyビューティー

お腹周りをキュッと引き締め。痩せやすい体を作りながら【ほっそりウエスト】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

少しずつ春の陽気を感じる今日この頃ですが、本格的な薄着の季節の前には、お腹のラインを自信を持って出せるようにそろそろ準備していきたいところ。そこで役立てたいのが、ヨガのように気持ち良くからだを伸ばしながら、体幹(コア)の強化も期待できるピラティスです。基礎代謝を高めつつ美しいお腹周りを叶える近道となります。

 

それでは、日々の習慣に取り入れたいお腹周りをキュッと引き締めてくれる【ソー(のこぎり)】のやり方を早速チェックしてみましょう。なお、ピラティスのエクササイズは“胸式呼吸(鼻から吸って口から吐く)”で行うのが基本になります。

 

 

 

【ソー(のこぎり)】

 

主にウエスト周りや太ももを強化するエクササイズです。背中周りの筋肉の強化にもつながるので、猫背などの姿勢の改善にも効果的とされています。

 

 

(1)骨盤を立て背筋を伸ばして床に座って両脚を無理のない自然な位置で開き、両腕を水平に伸ばす

 

▲お腹には常に力を入れておきます

 

 

(2)鼻から息を吸って、口から息を吐きながら上半身をねじる

 

▲両脚と骨盤が動かないように注意しながら行い、ねじったら背骨を引き上げて鼻から息を吸います。

 

 

(3)口から息を吐きながら左手を右脚のつま先へ、右手を後方に持っていき、さらにねじる

 

 

 

(4)鼻から息を吸いながら(1)の位置に戻り、反対側も同様に行う

 

 

 

左右各5回を目標に実践します。なお、効果をきちんと得るためには下写真のように体をねじったときに「お尻が浮かない」ことがポイントになります。

 

 

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされています。最初は無理をせず目標回数を達成することから始めて、痩せやすい体作りに、またくびれのあるお腹作りに役立ててくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ピラティス監修:YUKI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴2年/ヨガ・ピラティスやダビンチボードレッスンが得意)>


border