beautyビューティー

痩せやすい体&細見え下半身を作る簡単習慣

脚痩せ&くびれ作りを一挙に。痩せやすい体を作りながら【細見え下半身】に導く簡単習慣

Twitter
LINEで送る

1日中パソコンやスマホとにらめっこ。気づいたら「椅子に座りっぱなしで体をほとんど動かしていない」という日も少なくないと思います。そんな状態が慢性化してしまうとお腹周りの筋肉が固まってしまい、余分なお肉がつきやすくなる悪循環に陥ってしまうもの。そこで役立てたいのが、気持ち良く体を伸ばしながら筋肉や体幹(コア)の強化できるピラティスです。習慣にすることで、基礎代謝を高めつつ“くびれウエスト”へ近づいていくことができます。

 

それでは、お腹周り(特に脇腹)や太ももに付きやすい贅肉の予防と引き締めに効く【レッグプルフロント】のやり方を早速チェックしてみましょう。なお、ピラティスのエクササイズは“胸式呼吸(鼻から吸って口から吐く)”で行うのが基本になります。

 

 

 

【レッグプルフロント】

 

お腹から脚にかけてと下半身全体のストレッチ効果の高いエクササイズです。

 

 

(1)床に脚を伸ばして座り両腕を後ろに置く

 

▲手の指先は体の方に向け、肩甲骨を寄せて骨盤を立てます

 

 

(2)鼻から息を吸い、口から息を吐きながら右脚をゆっくり上げていく

 

 

 

(3)脚を上げきったら鼻から息を吸い、脚を下ろす準備をする

 

 

 

(4)口から息を吐きながらゆっくり脚を下ろしていく

 

 

 

脚を変えて反対側も同様に行います。1日あたり左右各5回を目標に実践しましょう。なお、エクササイズ効果をきちんと得るために、下写真のように「脚をあげる際に背中が丸まってしまうのはNG」です。注意して実践してください。

 

 

ピラティスのエクササイズは“回数を多くこなすよりも呼吸と動きの質が重要”とされています。最初は無理をせず正しい姿勢で目標回数をこなすことから始めて、痩せやすい体作りに、そしてくびれウエストのキープに役立ててくださいね。<text:本田香 photo:カトウキギ ピラティス監修:YUKI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴2年/ヨガ・ピラティスやダビンチボードレッスンが得意)>


border