fashionファッション

着太り回避。細身シルエットをキープするコツ

もう着太りは卒業!モコモコ&厚手アイテムを着ながら“細身シルエット”をキープするコツ

Twitter
1
LINEで送る

厚手のニットにジャケット、コートと重ね着することが多いこの季節。寒さ対策にはなるものの「太って見えてしまう」のが気になる方も少なくないのでは? そこでレイヤードスタイルでも“細身シルエット”をキープするコツを探ってみましょう。見えてきたのはホントに“ちょっとしたコツ”でした。

 

 

 

(1)ベルトを使う

 

High fashion model in autumn/winter clothes posing in the studio

 

モコモコのジャケットやコートは可愛いけれど、着膨れしてしまうのが気がかり。そんな時は、インナーをタイトにするだけでなく、ベルトを使ってさらに引き締めるのがお約束。写真のようにインナーにベルトを使うだけでなく、コート自体をベルトで締めても◎

 

 

 

(2)帽子を着用する

 

glamour girl with dark straight hair wears luxurious beige coat with elegant hat

 

身長が高く見えるだけでなく、視線が上に行くため、簡単に細長効果が得られるのが帽子を使ったテク。シンプルなニット帽やベースボールキャップではなく、トップの高いハットやツバの広いハットをセレクトしてみましょう。

 

 

 

(3)インナーは黒&シンプルにまとめる

 

gorgeous woman with long dark hair wears luxurious fur coat

 

もこもこジャケットやダウンジャケットはそれだけで太って見えてしまうので、中に着るアイテムに気をつけるのがポイント。引き締め色の黒色だけでなく、フィットしたスタイル、さらにシンプルなものを選ぶように心がけましょう。

 

 

 

(4)デニムはシルエットにこだわる

 

high fashion portrait of young elegant woman.

 

デニムは痩せて見えるデザインを選ぶのが吉。ハイウエスト、スキニー、ツートーンなど細く見えるものを。ボーイズジーンズにルーズなものは避けるのがベターです。

 

 

 

(5)かっちり&細身な印象のアウターをセレクトする

 

sensual woman with dark hair in elegant clothes and luxurious coat

 

ニットなど厚いインナーを着る時は、テーラードコートといったかっちり細身のジャケットを選ぶとシルエットが美しくなります。さらにハイヒールを合わせると洗練オーラがグッとアップ!

 

 

 

寒さ対策も細身に見えることも、どちらも大切なのは間違いありません。ぜひ今回紹介した5つのコツを参考に温かさも美シルエットもキープしていきましょう。

 

 

text:ピーリング麻里子


border