special reportスペシャルレポート

石垣島からの日帰り旅も愉しい黒島の絶景

心温まるハートアイランド。石垣島からの日帰り旅も愉しい“黒島”のまるでアートな3つの絶景

Twitter
39
LINEで送る

東京、大阪からのアクセスも良好で島リゾートを満喫できる人気スポットの1つ沖縄県・石垣島は八重山諸島の中心に位置するため周辺の離島へのアクセスの拠点としても知られています。そんな石垣島からさらに船に乗ってアクセスする“黒島”は、周囲約12kmで人口200人ほどと本当に小さな田舎の離島で、石垣島からの日帰り旅もオススメのスポットです。

 

島の形がハートのようになっていることから“ハートアイランド”と呼ばれている黒島は、牛がのんびりと草を食んでいる様子が見られる、まさに「長閑」という言葉がぴったりな場所。今回はそんなゆったりとした島時間が流れるハートアイランドで見られる絶景を3つ紹介します。

 

 

 

黒島の絶景(1)シンプルに美しいアートのような風景「伊古桟橋」

 

黒島の絶景としてまず一番に挙がる絶景が「伊古(いこ)桟橋」です。かつては船着場として使われていましたが、現在はただの石橋が海に向かって伸びているだけ。

 

 

しかしながら、海の美しさとシンプルな桟橋という風景はとても絵になり、黒島の中でも特に人気のフォトスポットとなっています。

 

 

写真を撮るだけでも楽しい絶景スポットではありますが、時間があれば桟橋の上をゆっくり歩いてみましょう。前も左右も海が広がるのみなので、歩いているだけで海上散歩をしている気分に浸ることができますよ。

 

 

 

黒島の絶景(2)八重山諸島で“最も美しい海”を堪能できる「西の浜」

 

「西の浜」は文字どおり黒島の西側にあるビーチです。白い砂浜は2kmも続き、エメラルドグリーンの海との相性バッチリの絶景を造り上げています。

 

 

黒島周辺の海は「特に美しい」と評価されていますが、そんな美しい海を島内で最も堪能できるのが「西の浜」なのです。

 

 

小高い場所から海を見下ろせば、何とも形容できないほどの美しい色の海が広がっているのです。まさに南国感のある絶景スポット!

 

ちなみに“ビーチ”ではありますがトイレや更衣室といった施設は全くありませんし、海岸までの道のりもあまり整備されているわけではないので海水浴には適していません。訪問の際、その点には注意してくださいね。

 

 

 

黒島の絶景(3)小さな離島の地平線のある風景を愉しめる「黒島展望台」

 

最後はパッと見「岩?」「城?」と判別しにくい黒島の中央部にある展望台「黒島展望台」です。高さは10mほどしかありませんのですぐに頂上まで登ることができます。

 

 

「そんな低い場所からだとあまり景色も良くないのでは?」と思うかもしれませんが、展望台の頂上からの景色は…

 

 

黒島は起伏がほとんどない地形なので、それほど高い位置からでなくともかなり遠くまで見渡すことができるのです。まるで地平線が見えているようで沖縄の小さな離島の風景とは思えないかもしれませんね。

 

黒島は人よりも牛の方が多いと言われるだけあって、この展望台からも多くの牛の姿を見ることができます(牛まではちょっと距離があり点のようになっているので、この写真だとわかりにくいかもしれませんが…)。

 

またこちらの写真左手に見えている道路は「日本の道100選」の1つにも選ばれています。牧草地の真ん中をスーッと伸びる道路にもぜひ注目してみてください。

 

 

 

|黒島へのアクセスと島内での移動手段

 

黒島へは石垣島から高速船やフェリーでのアクセスとなります。所要時間は約30分。航路上の景色も相当キレイなので船上といってもお見逃しなく。

 

 

また、島内の移動手段は“レンタサイクル”がオススメ。自転車ならゆっくり島を周っても2〜3時間あれば見どころを巡ることが可能です。ぜひ石垣島へ出かける際は“ハートアイランド”黒島へも足を運んで、ゆったり流れる島時間と絶景を満喫してくださいね。<text&photo:岡本大樹>


border