skin careスキンケア

野菜で美活♪ 秋ならではの不調や美肌キープに効果のある「秋野菜」って?

Twitter
19
LINEで送る

すっかり秋めいてきて、朝も涼しくなってききた今日この頃。体調を崩されている方も多く見られます。喉に不調がきている方も多いのでは?そんな体調不良や季節の変わり目のゆらぎ肌のケアのためにもしっかり食べていただきたいもの。それが旬の「秋野菜」です。

 

秋野菜は、粘膜を強くしてくれるビタミンAを含む「ほうれん草」「人参」ビタミンCを含む「さつまいも」「じゃがいも」、血流をよくしてお肌をツヤツヤ内側からあふれるようなポッしたほっぺにしてくれるビタミンEを含む「南瓜」など、不調や美肌キープに役立つものがたくさん♪ 旬の今、積極的に取られてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ビタミンCは「水溶性ビタミンC」とも言われ、摂取しても外に流れやすいビタミン。そして熱に弱めなのです。しかし、「さつまいも」のビタミンCは「熱に強い」と言われていて加熱しても壊れにくいですし、「じゃがいも」も皮付きのままであれば、ビタミンCの減りが少ないと言われています。

 

そして「南瓜」をほっこりと煮物で楽しんだり、がっつり食べたいときにはフライや天ぷらにしたり。。。

 

美肌をキープするためには、ビタミンのA、C、Eを一緒に摂取するのがオススメ。蒸したじゃがいもにほうれん草を和えたり、さつまいもご飯を合わせてみるといいかもしれませんね。

4014

【私はさつまいものお味噌汁を作ってみました。甘くてほっこりしますよ~♪】

 

 

 

粘膜を保護して、意識的にビタミンを摂ると、風邪もひきにくくなります。夏の疲れを持ち越しているみなさん、ぜひお試しください。

 

 

text & photo:Yumi Akiyoshi
薬剤師の仕事をしていくうちに、食事の身体への影響について興味をもち、「身体は食事でできている」ということを実感。ヘルシーフード、ビューティーフードを日常生活に取り入れ、レシピ制作、生活指導を行っている。なぜ効果があるのか?を理解すると、取り入れやすい。食事を変えることで身体は変わっていくという「未病の大切さ」や「美容情報」を日々発信中。
http://ameblo.jp/yumipo14m instagram:@yumipo.a


border