beautyビューティー

簡単エクサでお腹のたるんだ脇肉スッキリ

お腹のたるんだ脇肉スッキリ。くびれ作りに欠かせない簡単エクサを毎日の習慣に

Twitter
LINEで送る

丸みを帯びたキレイなくびれのあるほっそりウエストをキープしていくことは女性として理想とするところですが、食欲の秋も過ぎてお腹の脇肉をスクスクと育てていませんか? そんなキレイなくびれをキープしていくためには脇腹の引き締めは欠かせません。そこでアプローチしたい筋肉が「腹斜筋」です。

 

そこで今回はキレイなくびれ作りに欠かせない簡単エクササイズ「トーソローテーション」のやり方とポイントをチェックしてみましょう。

 

 

 

|毎日の習慣に。キレイなくびれ作りに役立つ「トーソローテーション」

 

脇腹の引き締めを叶えるためにアプローチしたい腹斜筋ですが、実は日々の生活では使われにくく、意識をしないと鍛えることができないのも事実。“落ちやすい筋肉”とも言われています。この「トーソローテーション」は短時間でも毎日行うことでくびれのあるほっそりウエストをキープしていきましょう。

 

なお、実践する際は安全に行うためにも座面が回転しない安定感のある椅子を使用してください。

 

 

 

【トーソローテーション】

 

(1)肘掛のついた椅子に背筋を真っ直ぐ伸ばして浅く座り、椅子の肘掛を両手で持ってバランスを取りながら膝を上げて足を床から5〜10cm程度浮かす

 

 

 

(2)背筋を真っ直ぐ伸ばして上半身を正面にキープしたまま、足を浮かした状態で膝を左右に振る

 

 

 

 

左右に振って1回とカウント。回数は1セット10~20回、1日あたり1~2セットを目安に実践しましょう。

 

 

 

|エクササイズ効果をしっかり得るためのポイント

 

「トーソローテーション」の効果をしっかり得るためには「両膝をくっつけたまま腰から下だけを振ることになります。

 

 

エクササイズ中に上写真のように、体も一緒に振ってしまうと十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので気をつけましょう。

 

 

 

1つ1つの細かな動きを回数を重ねてじっくり筋肉に効かせる椅子を使って行うエクササイズはスキマ時間でどこでもできてしまうのが嬉しいポイント。ぜひ機会を見つけてこっそり実践して、厚木の季節も周りに差がつく“キレイなくびれ”をキープしていきましょうね。

 

 

text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)


border