beautyビューティー

簡単ペア・ストレッチで2倍のバストケア効果を

バストケア効果も2倍に。2人ペアで行う簡単ストレッチでヘルシー美ボディを叶えて

Twitter
3
LINEで送る

ボディメイクにおいて血流促進や代謝UPに役立つストレッチはもはや定番になってきましたが、日々続けているとどうしても飽きが来てしまうもの。そこでオススメしたいのが、家族やパートナー、友達などと2人ペアで行う「ペア・ストレッチ」です。

 

 

お互いコミュニケーションをとりながら行うので、普段体を動かす習慣がない方でも、励まし合いながら楽しくできて継続させやすいのが嬉しいポイント。しかもセルフストレッチよりも負荷がしっかりかかるので効果も倍増します。

 

今回はバストケアにも最適な“呼吸に使う筋肉”にフォーカスした基本のペア・ストレッチ法を紹介します。

 

 

 

|バストケア&呼吸を整える「小胸筋&肩周りのストレッチ」

 

女性らしいボディメイクにおいて欠かせないバストケア習慣ですが、胸や肩周りの筋肉の中には自分自身ではアプローチが難しい筋肉があります。その1つが呼吸時に使う「小胸筋」。小胸筋をほぐせば自然と姿勢も呼吸も整い、女性らしいヘルシーなボディラインを叶えてくれます。

 

また、小胸筋は肩甲骨にも繋がっているので烏口腕筋、上腕二頭筋にも同時にアプローチでき、背中上部のコリや疲労感の緩和にも効果的です。

 

 

【準備(ストレッチされる側)】

 

(1)あぐらをかいて床に座り、片腕を後ろに出す ※手のひらは下向きにします

 

 

【手順(サポートする側)】

 

(2)相手の後ろ側に座り、ストレッチされる側が後ろに伸ばした片腕を肩の上に載せ、肩甲骨を支えてあげながら自分の方へ引っ張る

 

 

【手元のクローズアップ。サポートする側の方は力を入れ過ぎないように注意し、ストレッチされる側の方は背筋を真っ直ぐにキープするよう心がけましょう】

 

(3)が終わったら反対側の脚も同様に行って1セットとなります。合計3セットを目安に実践してください。

 

 

 

ペア・ストレッチで最も大切なのは、相手との ”コミュニケーション” と “思いやり”。特にサポートする側はアプローチする筋肉が伸びているのかどうかしっかり確認して、時折声をかけながら優しく補助的に行うのがコツです。体を動かしながらコミュニケーションを上手に行うと、不思議と心も繋がるはず。

 

露出が増えるこれからの季節、ぜひ2人で実践してヘルシーなバスト美人を目指しましょう。

 

 

text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ銀座二丁目店)


border