hairヘア

151122_main

不器用さん必見☆ 小物使い・パーツアレンジ…etc.簡単可愛くヘアアレンジを仕上げるコツ

Twitter
LINEで送る

話題のヘアアレンジ、自分でやると「小物とのバランスがうまく取れない」「パーツだけと言ってもバランスが難しい」という方は少なくないかも。。。そこで今回はヘアアレンジを簡単可愛く仕上げるコツを美容師さんたちに解説してもらいました。

 

 


 

 

|くるりんぱ&三つ編みだけでできる♪ マフラー、ストールと合わせたいセルフアレンジ

 

th_151122_01

 

簡単に「くるりんぱ」&「三つ編み」だけでできる、冬の必需品マフラーやストールに相性抜群のうれしい簡単アレンジ術です。

 

(1)軽く、毛先にカールをつけて下準備する(トップの部分に横波ウェーブなどでカールを付けておくとなお良い)

(2)左右どちらかのサイドに少し寄せて、後ろでくくって「くるりんぱ」する

(3)「くるりんぱ」をした毛束の毛先と、残った後ろ髪をまとめて二等分して、それぞれランダムに「三つ編み」する

(4)三つ編み部分を毛先から丸め込むようにして、ピンで固定する(くるりんぱした部分の下側に止めると、バランス良)

(5)全体的に毛束を無造作に引っ張ってナチュラルなシルエットに整えればできあがり

 

▶︎写真付解説はこちらからチェック

 

by matiz 市澤 一輝

 

 

 

 

|誰でも可愛い『シースルーバング』に♡お団子×ポンパドールアレンジ!

 

th_151122_02

 

普段厚め前髪でもこの裏技を使えば、いつでもシースルーバングに♪ 長さも気にならないお団子の、女子会にもってこいな注目度抜群のヘアアレンジです。

 

下準備:ストレートアイロンで波ウェーブを作る

(1)頭のてっぺんでラフにお団子を作る

(2)毛先をピンでお団子にまとめる

(3)お団子にできなかった部分を金ピンで留める

(4)前髪を上下二つに分ける(分け目は目立たないようにジグザグに)

(5)上の前髪をねじって(強くねじりすぎないように注意)、後ろに持って行きポンパドールを作ってピンで留める

(6)顔周りにも適当に金ピンをつけてできあがり

 

▶︎写真付解説はこちらからチェック

 

by AKAMEEomotesanndoテクニカルディレクター内藤旭

 

 

 

 

|簡単すぎ!一つ結びも“超”可愛くなれるんです♡

 

th_151122_03

 

一つ結びでも可愛くなるポイントがあります。 簡単ではありますが可愛くなる大切なポイントなので、ぜひ参考にしてくださいね☆

 

ポイント1 まずはしっかり巻いてカールを作る

決まった巻き方でなくてカールをつければOKくらいの気持ちで全体にランダムにカールをつけましょう

 

ポイント2 顔周りの髪を下ろして一つ結びにする

顔周りの髪をたくさん取ってしまうと太い毛束になって重たい質感になるので要注意です

 

ポイント3 少し下で一つ結びにして毛束をゴムに巻き付けてゴムを隠す

髪をまとめるポイントは少し下で一つ結びにするとバランスが可愛くなります。また、ゴムは毛束をゴムに巻き付けて隠してピンで留めましょう。

 

ポイント4 トップを少しずつ指でつまんで束感を意識してボリュームを出す

前から見てトップにボリュームがあるとバランスがよくなります。ただし出し過ぎは不自然になりますので、鏡を見ながらバランスをとりましょう。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

by 尾形拳

 

 

 

 

|“本当に可愛い”ヘアアレンジが仕上がる5つの理由

 

th_151122_04

 

可愛い子がやってるアレンジが“可愛い”理由は5つあります!

 

理由① “透け感前髪”で甘い、けど重くない雰囲気に

シースルーバングみたいな少し透けてるような前髪はアレンジと相性が抜群です。

 

理由② “顔周りの後れ毛”が【かなり重要】です

顔周りの後れ毛があるのと無いのでは、仕上りの印象に雲泥の差が出ます。

 

理由③ やっぱり外せない【シースルーカラー】

明るい髪はアレンジが可愛い印象になりますが、暗髪がマストという方は赤み(髪の中の赤い色素)をできるだけなくした「シースルーカラー」がオススメです。暗くても濁らない“透明感”のある髪色がアレンジをより可愛い印象にしてくれます。

 

理由④【質感】にこだわる

「どこまでふんわり柔らかく見せれるか(ほぐせるか)」がヘアアレンジを可愛く仕上げる重要ポイントです。

 

理由⑤ よく見ること・よく触ること・よく試すこと

とにかく「あ、これいいな」というルーズさを覚えるために、可愛いと思うアレンジをたくさん見ましょう。そして簡単なアレンジからでOKなので、何回も練習してみましょう。

 

▶︎詳細はこちらからチェック

 

by AnZie 渡辺一正

 

 


 

 

ぜひ参考にして可愛いヘアレンジをマスターしちゃってくださいね♪

 

 

cooperation:airly編集部


border

ACCESS RANKINGアクセスランキング