beautyビューティー

老け胸を予防する簡単肩甲骨はがしストレッチ

老け胸を予防する毎日1分のケア習慣。バストアップも叶う簡単“肩甲骨はがし”ストレッチ

Twitter
LINEで送る

忙しい毎日を過ごしていると、気づくと肩が内側に入った前傾気味の姿勢になっているという方は少なくないと思います。その姿勢がクセになってしまうと肩甲骨周りの筋肉が固まった状態になり、首や肩、背中などに疲労感や痛みを伴った違和感が出てくるものですが、さらにはバストの下垂や形崩れといった症状の原因にもなってしまいます。

 

そこで役立てたいのが、肩が内巻きになって胸が閉じた状態になるのを予防するための簡単“肩甲骨はがし”ストレッチ。1分程度で実践できる手軽さも魅力なので、早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【簡単“肩甲骨はがし”ストレッチ】

 

(1)床に仰向けに寝てお尻の下に両手を置き、両肘が背中の下に来るように両腕を体の下に入れる

 

 

 

(2)肩甲骨を内側に寄せるイメージで、腕の力を使って上半身を持ち上げて、持ち上がったところでゆっくり息を吐きながら30秒キープして(1)に戻す 

 

 

 

これを1日2回を目標に実践します。なお、このストレッチは上半身を持ち上げたときに大胸筋に効かせるのが目的になりますので、上半身を持ち上げてキープする時に胸がしっかり開いていることを意識することで、より効果が高まります。

 

 

また、実践時に注意したいのが「体の下に入れる腕の位置」です。

 

 

上写真のように肘が体の外側に出ている状態だと上半身が上がらず、筋肉を十分に伸ばすことができませんので、「必ず肘まで体の下に入れる」ことを心がけて実践しましょう。

 

 

肩甲骨周りが固まって、肩も内側に入ったままだと老け胸に一直線はもちろんのこと、カラダ全体に酸素が行き渡りにくくなって代謝を下げてしまうといった影響も出てきてしまいます。ぜひ日々のボディケア習慣に取り入れてバストラインのキープに役立ててくださいね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店トレーナー/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border