beautyビューティー

肩甲骨周りを鍛える簡単エクサで老け胸を予防

肩甲骨周りを鍛えて“老け胸”を予防。美姿勢キープに役立つ簡単エクサでスタイル美人に

Twitter
LINEで送る

寒い日は背中が丸まりがちな方は少なくないと思います。いわゆる猫背状態が続くと肩甲骨周りの筋肉の動きも悪くなってしまい、胸が閉じた状態になってバストの下垂や形崩れの原因になりかねません。そこで今回は椅子に座ったままで肩甲骨周りの菱形筋”を鍛えられる簡単エクササイズ【ローイング】を紹介します。

 

【ローイング】は老け胸の予防や美姿勢キープに役立つと同時に、背中周りの余計なお肉の引き締め効果を期待できます。なお、実践する際は安全に行うためにも座面が回転しない安定感のある椅子で使用してください。

 

 

 

【ローイング】

 

(1)背筋を伸ばして浅く椅子に座り、手のひらを真下に向けて肩の高さで腕を真っ直ぐ前に出す

 

 

 

(2)肩甲骨を寄せるように肘を曲げながら腕を引く ※腕を引ききった状態の時、手のひらは真上に向けます

 

 

 

(1)~(2)の腕の曲げ伸ばしを1回とカウント。回数は1セット10~20回、1日あたり1~2セットを目安に実践しましょう。

 

 

 

この【ローイング】の効果をしっかり得るためには「両肘を背中の後ろで合わせるような意識で腕をしっかり引くこと」になります。また、実践中に肩をすくめた姿勢になってしまうと十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので、「背筋を真っ直ぐにキープすること」も意識しながら行いましょう。

 

シンプルな動きですがしっかり肩甲骨周りに負荷がかかる運動ですから実践し始めたばかりの時期はツラいと感じるかもしれません。ただし徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日に日に楽に行えるようになっていくのも実感できるはず。ぜひ実践してみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border