beautyビューティー

簡単エクササイズでお腹のサイズダウン

脇腹の余計なたるみ肉の予防に効果的。くびれを育む簡単“ねじり”ストレッチ

Twitter
LINEで送る

外食の機会が多くなる年末年始ですが、ふと気づくと脇腹に余分なお肉が付いていたなんてことも。しかも、付いてしまうとなかなか落としづらいパーツですから、ちゃんと予防していきたいものです。そこでオススメしたいのが“ねじり”がポイントの簡単ストレッチ。

 

このストレッチは主に腹斜筋や広背筋にアプローチできるので、脇腹のたるみ予防につながるだけでなく、くびれの育成や骨盤のリフレッシュ効果まで期待できるのが魅力です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

|脇腹のたるみ予防に効く簡単ストレッチ

 

(1)床に足を伸ばして座って片方の膝を立て、伸ばしている脚にクロスさせる

 

 

 

(2)膝を立てている側の手を体の後方に着き、もう片方の手は膝を立てている脚に添える

 

 

 

(3)骨盤をまっすぐ立てた状態でそのまま上半身をねじり、ゆっくり息を吐きながら30秒キープして元の姿勢に戻す

 

 

 

この一連の動きを左右各3回を目安に行います。

 

 

 

このストレッチを行う際に注意すべきポイントは「骨盤を真っ直ぐ立てた状態で行う」ことになります。

 

 

上写真のように実践時に骨盤が倒れてしまうと筋肉を十分に伸ばすことができず、期待した効果が得られないので、必ずねじりの動きに合わせて「骨盤を倒さない」ことを心がけて実践しましょう。

 

 

 

体に対して斜めに付いている筋肉に対しては“ねじり”の動きの入ったストレッチが大変効果的です。ぜひ実践して、脇腹のたるみ肉に悩まされることのないキレイなくびれラインを育んでいきましょうね。<photo:カトウキギ ストレッチ監修:野月愛莉(Dr.ストレッチ錦糸町店トレーナー/トレーナー歴6年/トレーナー派遣アプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border