beautyビューティー

脇腹の引き締めに効く簡単エクサでくびれ復活

1日30回の実践で“くびれ”復活。脇腹のたるみ肉の引き締めに効く簡単エクサ

Twitter
LINEで送る

年齢を重ねるごとにオンナらしいお腹周りの“くびれ”が失われていくと悩んでいる方は少なくないと思います。たるみ肉がつきやすく、さらには落としにくい脇腹周りは小まめなエクササイズの積み重ねが必須。そこで役立てたいのが「腹斜筋」を鍛える簡単エクササイズ【トーソローテーション】です。

 

「腹斜筋」は意識をしないと鍛えることができず、しかも“落ちやすい”とも言われている筋肉でもあります。日々のボディメイク習慣に取り入れるためにも、早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【トーソローテーション】

 

実践する際は安全に行うためにも“座面が回転しない安定感のある椅子”を使用してください。

 

 

(1)肘掛のついた椅子に背筋を真っ直ぐ伸ばして浅めに座り、椅子の肘掛を両手で持ってバランスを取りながら膝を上げて足を床から5〜10cm程度浮かす

 

 

 

(2)背筋を真っ直ぐ伸ばして上半身を正面にキープしたまま、足を浮かした状態で膝を左右に振る

 

 

 

 

左右に振って1回とカウントし、1日あたり30回を目標に実践しましょう。なお、効果をしっかり得るためには「両膝をくっつけたまま腰から下だけを振ることがポイントになります。

 

 

また、エクササイズ中に上写真のように体も一緒に振ってしまうと十分な効果が得られない上に、体を痛めてしまう原因にもなりますので注意してください。

 

 

シンプルな動きのエクササイズですが、普段あまり意識して使わない「腹斜筋」に直接負荷がかかる運動ですから実践し始めたばかりの時期はツラいと感じるかもしれません。しかしながら続けていくことで徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日を追うごとに楽に行えるようになっていくのも実感できるはず。ぜひ注意点を心がけながら実践して、オンナらしい“くびれライン”の復活に役立ててくださいね。<photo:Akihiro Itagaki model:AO エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border