beautyビューティー

脇腹を伸ばすヨガポーズで寸胴体型とおさらば

もう寸胴体型とはおさらば。じっくり脇腹を伸ばす簡単ポーズでくびれを感じるお腹周りに

Twitter
LINEで送る

少し油断すると、いつの間にか出現する脇腹の“たるみ肉”。なかなか落としづらいことから、今まさに悩みの1つのなっている方も少なくないと思います。そこで役立てたいのが、じっくり脇腹を伸ばすヨガの簡単ポーズ「パリガアーサナ」。

 

【パリガアーサナ】

 

このポーズはお腹周りや腰周りの筋肉にしっかりアプローチできるので、脇腹のたるみ予防につながるだけでなく、内臓機能を整える効果や骨盤や股関節などのリフレッシュ効果を期待できるのがポイント。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

|「パリガアーサナ」の実践方法と注意点

 

 

 

(1)膝立ちをして、片足を肩の真下に置き、もう片足は横に開いて伸ばす ※伸ばしている方の足は足裏を床に全部着きます

 

(2)膝立ちしている側の腕を体からなるべく遠くに弧を描くように開いている足の方向に伸ばす ※斜め上に引っ張られるような感じで行います。また、弧を描かない手の方は膝の上に軽く置いておきましょう

 

(3)3呼吸以上キープして元の姿勢に戻し、反対側も同様に行う

 

※姿勢をキープする際の呼吸数は「3呼吸以上」を目安に体調に合わせて増減させてください

 

 

 

このポーズの効果をしっかり得るためのポイントは「骨盤と胸を常に正面に向けておく」ことになります。

 

【NGポーズ:胸が正面に向いていない状態では効果が得られません】

 

実践時は腹筋周りが重心になるようなイメージを持って、体を倒し切った時も胸を正面に向けたままでキープするよう心がけましょう。ぜひ日々の習慣に取り入れて、脇腹の“たるみ肉”も気にならない、くびれを感じるお腹周りを実現させてくださいね。

 

 

photo:Akihiro Itagaki ヨガ監修:TOMOMI(ゼロヨガ インストラクター/インストラクター歴3年。サップヨガなど多様なレッスンが好評を呼んでいる)


border