beautyビューティー

骨盤の歪みを整えてくびれボディに導く簡単習慣

お腹の凹ませとサイズダウンに◎ 程良く腹筋を感じる【ほっそりウエスト】を目指す簡単習慣

Twitter
LINEで送る

食べ過ぎや飲み過ぎが原因で、いつの間にかお腹がぽっこりしていた経験は誰しもありますが、贅肉がつきやすいパーツだからこそ、無理なく続けられる簡単エクササイズを習慣にしておきたいところ。そこでオススメの簡単エクササイズが【膝曲げニータッチ】です。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【膝曲げニータッチ】

 

床に寝そべった状態から上半身を起こすエクササイズです。腰に負担をあまりかけずに「腹直筋」や「腸腰筋」などお腹周りの筋肉を効率良く鍛えることができます。

 

 

(1)床に仰向けに寝そべって膝を軽く曲げ、両腕を斜め上方向に伸ばす

 

 

 

(2)お腹の筋肉を意識しながら腕を真っ直ぐにキープしたまま上半身を起こしていき、指先が膝にタッチするぐらいの位置で2秒キープしてから(1)の姿勢に戻る

 

 

 

これを“1日あたり10回を目標”に繰り返し行います。なお、ひざをタッチするまで上体を起こすのが難しい方は、下写真のように太ももの真ん中辺りをタッチする形でもOKです。

 

 

ただし、この場合も「お腹の筋肉を意識しながら上半身を起こす」ことを心がけて実践してください。

 

 

シンプルな動きのエクササイズですが、しっかり腹筋に負荷がかかるので続けていくことで徐々に鍛えた部分が強くなっていき、日を追うごとに楽に行えるようになっていくはずです。腹周りに適度に筋肉がつくだけで自然と姿勢も良くなり、立ち姿までキレイに見えるようになります。ぜひ注意点を心がけながら実践して、腹筋の存在を感じる【ほっそりウエスト】を目指してくださいね。<photo:カトウキギ エクササイズ監修:コシバフウタ(ミスワールドJAPANサポートトレーナー/トレーナー歴3年。いつでもどこでも好きな場所にコーチを呼べるアプリ「セレクトコーチ」認定コーチ)>


border