beautyビューティー

自転車エクササイズで毎日の行動を痩せ習慣に

毎日の行動を痩せ習慣に。明日から手軽に始められる“自転車エクササイズ”のメリット

Twitter
0
LINEで送る

「今年こそ痩せる!」と意気込んでいたけれど、忙しい毎日の中で食事管理やエクササイズを習慣化するのは本当に至難の技。結局ダイエットが続けられていないという方は少なくないと思います。そんな方にオススメしたいのが毎日習慣的に行っていることを痩せ習慣に変えること。そこで今回は、自転車で通勤・通学している方なら明日から手軽に始められる“自転車エクササイズ”のやり方とメリットを紹介します。

 

 

 

|実はスゴかった。自転車のカロリー消費量

 

地味に思える自転車エクササイズですが、実はジョギングやウォーキングなどと比べて自転車は高いカロリー消費量になります。

 

 

例えば体重55kgの人の場合、30分自転車に乗った場合は「およそ200kcal」のカロリー消費となるのに対し、30分のウォーキングでは「およそ100kcal」のカロリー消費。つまり自転車なら同じ時間でウォーキングの2倍のカロリー消費となるのです。

 

その理由は、体の中でも特に大きなお腹周りやお尻、足の筋肉を満遍なく使うことに繋がるから。この大きな筋肉を使うことで相対的にカロリー消費量も多くなり、効率良くシェイプアップを目指せます。

 

 

 

|忙しい方ほど“自転車エクササイズ”がオススメな3つの理由

 

「日々の忙しさのせいでダイエットが続かない」を解消したい方ほど“自転車エクササイズ”はピッタリ。その理由は3つあります。

 

 

(1)必要なのは自転車だけ!明日から始められる手軽さがある

「ジムに行く時間さえもったいない」という方でも、自宅にある自転車(ママチャリも可)を使うだけで簡単に始められるます。

 

(2)通勤に利用すれば時間もお金も節約できる

通勤範囲が自転車でも移動可能なエリアなら、朝と夕の2度エクササイズとして時間を使うことができます。また、電車やバスなど交通費の節約にもつながります。

 

(3)代謝アップ効果も。続けることで痩せ体質に

継続的に自転車ダイエットを続けることで筋肉がつき、代謝アップ効果も期待ができますから、自然と痩せ体質へ近づくことができます。

 

 

 

|心に留めておきたい注意点

 

ただし、ただ自転車に乗るだけではNG。効率的に消費カロリーをあげるためには、自転車に乗っている姿勢が重要です。例えば、自転車のサドル部分を3〜5cm上げるだけでも筋肉にかかる負荷が大きくなり、よりエクササイズ効果が高まります。また、「今日はここまで」と目標や目的地を設定してから取り組むことで達成感も味わえ、モチベーションの維持にも繋がります。

 

さらに、自転車に乗る前や乗った後には筋肉への負担を和らげるためにも、下半身を中心にしたストレッチをするなどケアを忘れないようにしましょう。

 

 

 

自転車を毎日漕ぐことで、程よい筋肉の引き締まり効果も期待できますし、引き締まった体なら少しタイトなスカートやデニムなども自信を持ってスッキリ履きこなせるはず。ぜひ「この夏こそは!」と思っている方は、ぜひ“自転車エクササイズ”を始めてみてください。気持ちの良い景色や心地よい風が、きっと気分を上げてくれますよ。


border