beautyビューティー

若見えするデコルテ周りに導く簡単ストレッチ

バストアップを図りつつリンパの流れを改善。若見えするデコルテ周りに導く簡単ストレッチ

Twitter
0
LINEで送る

肌の露出が増える夏に向けてケアしたいパーツは様々あると思いますが、第一印象を上げるために外せないのが、必然的に露出の増えるデコルテ周りのケア。きちんと胸が開いた状態をキープできるようになるだけで、若々しい印象はもちろん、バストのラインも姿勢もよりキレイに映えます。

 

そこで今から役立てていきたいのが、バストアップを図ると同時にリンパの流れや姿勢を改善してくれる“大胸筋”周辺にアプローチできる簡単ストレッチです。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【大胸筋ストレッチ】

 

(1)壁の真横に立ち、壁側の腕の肘から手先までを付ける

 

th_6-1

▲腕を着ける位値は肩位置よりも少し後ろにしてください

 

 

(2)壁に腕を付けている方の足を少し前に出す

 

th_6-2

 

 

(3)前足に体重をかけながら、姿勢がそらないよう注意しながら上体を前へスライドさせるように出し、赤丸部分の筋肉が伸びていることを意識してゆっくり息を吐きながら30~40秒キープする

 

th_6-3a

 

 

 

左右各3回ずつ行います。

 

 

なお、下写真のようにキープ時に「体が壁に寄りかかった状態」になったり、「壁に着けた腕を軸に体をねじった状態」になったりしていると、期待する効果は得られません。

 

th_6-NG

 

実践中は常に「体を真正面に向けたままをキープする」ことを心がけてください。

 

 

シンプルなストレッチ法ですが実際やってみると胸周りの筋肉の柔軟性が増して動きも軽くなるのを実感できるはず。むくみなどを感じさせない胸がきちんと開いた姿勢に整えていくためにも、ぜひ入浴後や寝る前の習慣に取り入れてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border