beautyビューティー

華奢感upから腰痛予防まで簡単スタイルアップ習慣

お腹も背中も一挙に贅肉スッキリ。華奢感UPから腰痛予防まで叶う簡単スタイルアップ習慣

Twitter
LINEで送る

理想とする華奢見えするスタイルに整えていくためには、鏡に映る前姿だけでなく、普段あまり意識が向かない後ろ姿にも意識を向けて小まめにケアしていく必要があります。中でも重要になるのが、骨盤や背骨を支えている「腰方形筋」の柔軟性をキープしていくこと。この筋肉が凝り固まるとウエスト周りがドッシリした印象になってしまい、腰の痛みの原因にもなってしまいます。

 

そこで習慣にしたいのが「腰方形筋」の柔軟性を高め、ウエスト周り全体の引き締めに効果的な簡単ストレッチです。早速やり方をチェックしてみましょう。

 

 

 

【腰方形筋ストレッチ】

 

腰方形筋はインナーマッスルなので、マッサージ等ではアプローチしにくい筋肉です。ぜひ習慣的にストレッチを行って、凝り固まるのを予防することを心がけましょう。

 

 

(1)仰向けにベッドに横になる

 

_MG_0458

 

 

(2)腰をひねって上に来る脚をクロスさせ、下の脚の膝を折り曲げる

 

_MG_0451

 

 

(3)曲げた脚のつま先を掴んで、ゆっくりと息を吐きながら30~40秒キープする

 

_MG_0464

 

 

1日あたり左右各3回を目標に実践します。なお、効果をしっかり得るためには(3)の姿勢時に「足を掴んでいる方の肩が浮かないようにキープする」ことがポイントになります。胸を正面から天井方向に向けるイメージを持ちながら、足を掴んでいない方の手を万歳をするようにしておくと比較的上半身のコントロールがしやすくなるので実践時に試してみてください。

 

 

シンプルな動きのストレッチ法ですが、毎日継続して実践することでウエスト周りのドッシリ感が軽減されていき、華奢見えボディへとスタイルアップしていくことができます。ぜひ入浴後や寝る前の習慣に取り入れてみてくださいね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>


border