beautyビューティー

スタイル美人が実践する体型キープに役立つ習慣

背中と腰回りの贅肉対策に。”見返り美人”に導く効果2倍の簡単ペア・ストレッチ

Twitter
LINEで送る

ボディメイクにおいて血流促進や代謝UPに役立つストレッチはもはや定番になってきましたが、日々続けているとどうしても飽きが来てしまうもの。そこでオススメしたいのが、家族やパートナー、友達などと2人ペアで行う「ペア・ストレッチ」です。

 

 

お互いコミュニケーションをとりながら行うので、普段体を動かす習慣がない方でも、励まし合いながら楽しくできて継続させやすいのが嬉しいポイント。しかもセルフストレッチよりも負荷がしっかりかかるので効果も倍増します。

 

今回は“背中と腰回りの引き締め”にフォーカスして、スッキリ印象の後ろ姿と見返り美人に導く基本のペア・ストレッチ法を紹介します。

 

 

 

|背中と腰回りの贅肉対策に効果的な「腰方形筋ストレッチ」&「広背筋ストレッチ」

 

普段あまり意識が向かない後ろ姿は”華奢見せ”の重要ポイント。そこでアプローチしたい筋肉が腰方形筋と広背筋です。この筋肉が固まると、背中周り、肩、腰などのコリやむくみにつながり、どうしてもズンとした印象の後ろ姿になってしまうのです。

 

ちなみに今回紹介するストレッチ法は、同じ体勢で行いつつもサポートする側の手を当てる場所を変えることで腰方形筋と広背筋にそれぞれアプローチできる点も魅力。早速チェックしてみましょう。

 

 

 

【準備(ストレッチされる側)】

 

(1)片足を前に伸ばし、もう一方の足は足の裏が内ももに触るようにして座る。

 

(2)足を伸ばしている方の腕を、伸ばしている足に付けるイメージで前屈する

 

 

 

【手順(サポートする側)】 ※腰方形筋をストレッチ

 

 

(3)片手は曲げている足の付け根を下げる感じで膝が浮くのを押さえ、もう片方の手は脇下に添える

 

(4)体の側面を伸ばすように、息を吐くタイミングで伸ばしている足の方向に体を伸ばす

 

 

 

【手順(サポートする側)】 ※広背筋をストレッチ

 

 

(3)両手を肩甲骨の下側に添える

 

(4)体の角度を少し前傾させ、息を吐くタイミングで伸ばしている足の方向に体を倒す

 

 

 

それぞれ(3)、(4)を終了したら、反対側も同様に行って1セットとなります。左右で3セットを目安に実践しましょう。

 

 

 

ペア・ストレッチで最も大切なのは、相手との ”コミュニケーション” と “思いやり”。特にサポートする側はアプローチする筋肉が伸びているのかどうかしっかり確認して、時折声をかけながら優しく補助的に行うのがコツです。体を動かしながらコミュニケーションを上手に行うと、不思議と心も繋がるはず。

 

いざ夏本番がやって来て慌てることのないよう、ぜひ今から2人で実践して背中や腰周りのラインを整えていきましょうね。

 

 

text:下重佳奈子 Kanako Shimoshige ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ銀座二丁目店)


border