hairヘア

出典:@hair.cm/ショートボブの匠【 山内大成 】GARDEN

輪郭別に✓。フェイスラインをお洒落にカバーする【小顔ショートヘア】の愉しみ方

Twitter
LINEで送る

ヘアスタイルを決める際に“顔の輪郭や大きさ”に悩まされる方は少なくないと思います。特にショートヘアとなると「かえって顔の輪郭や大きさが悪目立ちしてしまうのでは?」とイメージしがち。そこでチェックしておきたいのが、フェイスラインを上手にカバーしながら小顔見せを実現するショートヘアのつくり方です。それでは早速“輪郭別”のポイントを旬スタイルからチェックしてみましょう。

 

 

 

【丸顔さん】

 

丸顔さんの小顔見せのポイントは“前髪”と“フォルム”になります。まずは“前髪”に注目してみましょう。

 

出典:HAIR

 

前髪は長めに残して斜めに垂らすか伸ばすと、縦のラインを強調できるので顔幅が自然と締まった印象に。また、フェイスラインに髪がかかることで輪郭をぼかすことができるので、顔の気になる部分もさり気なくカバーすることができます。続いて“フォルム”ですが、ポイントとなるのがトップのボリューム感を抑えましょう。そうすることで“ひし形シルエット”を実現でき小顔効果を得られます。また、ふんわり柔らかなヘアにしたいときでも、トップにボリュームが極力出ないようにスタイリングするように心がけましょう。

 

 

 

【面長さん】

 

顔が縦に長い面長さんの小顔見せのポイントは顔幅の強調”と“顎ラインのぼかし”になります。まずは“顔幅の強調”に注目してみましょう。

 

出典:HAIR

 

手軽にできる一手が“前髪の幅を横に広く取る”ことにより視覚効果で肌面積が広く見えバランスも良くなります。また、前髪の端っこを少し長めにしてサイドとキレイにつなげるようにしてナチュラルな仕上がりを心がけましょう。そしてフェイスラインに沿うように髪をスタイリングすると“顎ラインのぼかし”効果を得られます。さらに、重めに前髪を作ることで頭部の上下が分断される視覚効果が働くので顔の長さをカバーすることができます。

 

 

 

【ベース顔さん&四角顔さん】

 

エラや顎の骨格が気になるベース顔さん&四角顔さんは“パーマで輪郭ぼかし”がオススメの一手です。

 

出典:HAIR

 

ウェーブのかかった髪でふんわり優しく丸みを持たせたひし形シルエットを作ることで輪郭の気になる部分をナチュラルにカバー。また、前髪を短めにすると縦長な印象に、前髪を長めにしてサイドに流すとさらに細面な印象を作れます。

 

 

 

【逆三角顔さん】

 

おでこが広く、顎の細い逆三角顏さんは毛先を外ハネさせるなど“顎周りのボリューム感”を出すことで、バランス良い小顔感を演出できます。

 

出典:HAIR

 

また、前髪もあごのラインも隠せるくらいに長めに伸ばしておくとスタイリングの幅も広がるのでオススメです。

 

 

 

【卵顔さん】

 

理想の顔型とも卵顔さんは“丸みシルエット”を作ることが小顔見せのポイントです。

 

出典:HAIR

 

全体のバランスを良くするために、特にサイドに適度なボリューム感を持たせるように仕上げましょう。

 

 

このように輪郭に合った小顔見せポイントを抑えておけば気兼ねなくショートヘアにトライすることができるはず。今までチャレンジしたことがなかった方もぜひ参考にして、新鮮なスタイルを愉しんでくださいね。


border