skin careスキンケア

美肌キープにお役立ち。素肌美人の韓国女子がお手本【コットンの上手な活用法】って?

Twitter
LINEで送る

メイクオフや化粧水を使用する時など、普段何気なくコットンを使用している方は少なくないはず。また、コットンを購入する時も「できるだけ安いもの」を選んでいませんか? でも、韓国の素肌美人たちはそんなコットンを駆使して美肌作りに役立てているそう。それでは早速、韓国流【コットンの上手な活用法】をチェックしてみましょう。

 

 

 

|ポイントは使用用途に合わせて“使い分ける”こと

 

韓国コスメのオンラインマーケット「Soko glam」を展開し、アメリカでは“韓国スキンケアの伝道師”とも呼ばれるシャーロット・チョさんによれば、「韓国のスキンケア上級者は、コスメだけでなく肌に直接触れるコットンにも気を使ってます。さらに、コスメの使用方法によってコットンは使い分けます」とのこと。

 

 

どんな使用方法をしているのかと気になるところですが、メイク落としやふき取り化粧水の際に使うなら100%コットンと高圧水で作られた“凝縮コットン”が◎ 肌触りがとってもスムースで肌に優しいのがその理由です。反対に、食物繊維のパルプから作られて吸水作用の高いコットンは、化粧水や美容液など肌に栄養を与える時の使うそう。コットンに化粧水や美容液がしっかり染み込むので、肌にもしっかり成分を浸透させることにつながるそうです。

 

 

 

|コットンをDIYマスクに使うのも定番

 

さらにチョさんによれば、コットンをDIYのシートマスクに使うのも韓国女子の定番。「何枚かのコットンをお気に入りの美容液や化粧水などに浸したら、顔全体に乗せて20分間置いておくだけ」とやり方も簡単です。また、顔全体のケアだけでなくパーツケアにも使えるそうで「目元なら、コットンを半分に切って、アイクリームを浸して乗せるだけでOK」とのこと。他にもおでこ、ほうれい線など、そのパーツに合った形のパックを簡単に作るのもオススメだそうです。

 

 

用途に合わせたコットンの使い分けだけでなく、普段のスキンケアにもコットンを上手に活用すれば、韓国女子のような美肌を目指せるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。<text:ピーリング麻里子>


border