columnコラム

黒アイテムを今冬キレイに着こなすコツ

出典:WEAR

ありきたりにも重たくも見せない。今冬【黒アイテム】をキレイに着こなすコツ

Twitter
LINEで送る

黒はオンナらしさを高めてくれる一方、暗めトーンということもあって、ありきたりで重ためなコーデになりがち。特に冬は地味な印象になってしまったり、いつもワンパターンな雰囲気になりやすいものです。そこで今回は、トレンド感、新鮮さ、大人感が高まる【黒アイテム】のキレイな着こなし方をお洒落さんのコーデをお手本にチェックしてみましょう。

 

 

 

|カジュアルなアイテムは一工夫して大人感たっぷりな着こなしに

 

今冬マストアイテムの1つ“スウェット”はシャープに見える「黒を選ぶ」ことでカジュアルな雰囲気を抑えることができるので、大人感たっぷりな着こなしへの近道。休日のリラックスコーデにピッタリなフーディーワンピースも、キレイめなIラインシルエットのアイテムを選ぶと野暮見えせずにキレイに着こなせます。

 

出典:WEAR

 

ベーシックな雰囲気ながらも裾が切りっぱなしになっていたり、スリットが入っているデザインならこなれ感もたっぷり。トレンドのレオパード柄ウエストポーチでアクセントを効かせてスポーティーに着こなすとイマドキ感もグッと高まります。

 

 

一歩間違えると部屋着感全開になりがちなオーバーサイズの黒のスウェットプルオーバーも、その他のアイテムは黒の印象とは真逆のカラーを合わせればOK。

 

出典:WEAR

 

例えば、爽やかなブルーのプリーツスカートを合わせれば黒の印象が和らぎ、ブルーは軽やかになりすぎずにミックスされて新鮮さが高まります。ロング×ロングの比率も今冬っぽい着こなしのコツです。

 

 

 

|インパクト強めな柄・カラーと上手く馴染ませる

 

何にでもブレない黒だからこそ、「派手すぎ?」と感じるカラーや柄物とも相性良く、簡単にトレンド感や新鮮さをプラスすることができます。

 

出典:WEAR

 

コーデにインパクトをプラスしてくれるだけでなく気分もグッと高めてくれるビビットなパープルは正直勇気がいるカラーですが、黒のロングフレアスカートと合わせてエレガントさを演出すれば上手にキレイめに馴染みます。

 

 

さらに、トレンドではあるものの強烈なインパクトのあるレオパード柄コートも、他のアイテムをオールブラックでまとめることでシックでクールな印象に。

 

出典:WEAR

 

ボディバッグを合わせてスポーティーさをプラスしたり、切りっぱなしデニムでカジュアルダウンさせると、ゴージャスになりすぎずにバランスの良いコーデを愉しめます。

 

 

 

|オールブラックコーデは素材違いを合わせてメリハリをON

 

シックでありながらも、どうしても重くワンパターンに見えがちなオールブラックコーデですが、素材を変えてメリハリをつけるとキレイな着こなしが叶います。

 

出典:WEAR

 

こちらは黒のニットとニットレギンスの間にレザー素材のスカートをレイヤードさせたオールブラックコーデ。レザーとニットの素材の違いがメリハリを演出し、重たく見えにくくなっています。また、ボトムスをタイトにまとめることでゆるっとしたオーバートップスの印象も引き締まり、エレガントで大人感たっぷりの着こなしを愉しめます。

 

 

何にでも合わせやすい万能カラーというイメージの黒だからこそ、着こなしに一工夫して新鮮さを演出することがお洒落上級者への近道。ぜひ、これまでトライしたことのない色や柄を上手に取り入れながら、今冬も上手に黒アイテムを着回してくださいね。<text:Hiromi Anzai>


border