dietダイエット

1日30回繰り返す簡単エクサで下半身引き締め

1日30回繰り返すだけ。下半身の引き締めを叶える簡単エクサは嬉しい効果いっぱい

Twitter
LINEで送る

丸みのある下半身のフォルムは女性らしさの象徴である反面、「下半身、特にお尻・太もものムダ肉が気になる」という理由でパンツよりもスカートばかり履くことが多い方は少なくないと思います。でも理想を言えば下半身をキュッと引き締めて、自信持ってパンツも履きこなしたいもの。そこで今回は太もも・お尻など下半身の引き締め効果の高い1日30回同じ動作を繰り返すだけの簡単エクササイズを紹介します。

 

 

 

|1日30回から挑戦。超基本エクサ“ブリッジ運動”を日課にしてみて

 

そんな下半身の引き締めにオススメの超が付くほど簡単なエクササイズが“ブリッジ運動”。子供の頃や学生時代はよくやっていたという方は多いと思います。しかし“ブリッジ運動”と言っても下半身を中心に鍛えるなら、腕の筋力を使う必要のない“バックブリッジ”でも十分に効果を期待できます。まずはこちらを習慣にすることから始めてみましょう。では、そのやり方を紹介します。

 

 

(1)仰向けに寝て足を肩幅に開き、両膝を立てる

 

(2)骨盤を持ち上げるようなイメージで背筋が真っ直ぐになる状態までお尻を上げる

 

(3)(2)の状態を3秒キープして、ゆっくり元に戻す。

 

この(1)〜(3)を10回1セット、1日3セットを目安に実践します。

 

 

 

|“ブリッジ運動”の効果を高めるポイント

 

ブリッジ運動は体幹を鍛えるトレーニングの1つ。効果を高めるために、また腰などを痛めないようにするためには3つのポイントがあります。

 

■呼吸は深く行うように意識する ※お尻を上げながら吐き、お尻を下げながら吸う

 

■“腰を動かす”のではなく『骨盤を持ち上げる』イメージでお尻を上げる

 

■腰を反らせすぎないように注意する ※背筋は真っ直ぐにキープ

 

 

 

またブリッジ運動には、太もものシェイプアップやヒップアップ効果以外にも嬉しい様々な効果があります。

 

 

1つはデスクワークや家事などで丸まった猫背をグッと伸ばして普段使われてない筋肉を刺激するので、身体の歪みが改善され「代謝がUP」すること(代謝が上がれば、女性の大敵“冷え性の予防”にも繋がります)。そして、お腹を反らせて内蔵を刺激するので「便秘や生理痛の予防」にも繋がります。

 

 

 

ブリッジ運動で筋肉を引き締めればお尻と太ももとの境目をハッキリして、プリッと上がったキレイなヒップラインとレッグラインが叶うはず。しかも特に道具も必要なく自宅で気軽にできるので、忙しい方にも習慣にさせやすいと思います。ぜひお風呂上がりなどのリラックスタイムに、テレビを見ながら好きな音楽を聴きながらトライしてみてくださいね。


border