feature特集

th_RUMIKO_15SS_MILANO_EMILIO PUCCI

2015春夏ミラノコレクションから届いた来シーズンのメイクアップトレンド

Twitter
LINEで送る

現在、世界の各都市で開催されている2015春夏コレクション。今回はミラノコレクションに参加したM・A・Cシニアアーティストの池田ハリス留美子さんに、M・A・Cプロチームが担当したMarni(マルニ)、Max Mara(マックス マーラ)、EMILIO PUCCI(エミリオ プッチ)などのコレクションのメイクアップについてインタビューしました。

 

ぜひ2015春夏シーズンのトレンドワードを見つけてみてくださいね!

 


<Marni>

 


 

|ミラノコレクションを通してのメイクアップの特長は?

 

前シーズンに引き続き、肌本来のナチュラルな質感を重視する傾向ですので「ロースキン」に仕上げています。

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_Alberta Ferretti

<Alberta Ferretti>

 

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_Angelos Bratis

<Angelos Bratis>

 

「ICEBERG(アイスバーグ)」のショーでは、グリースで肌全体にツヤ感を演出しましたが、Tゾーンは肌の質感そのままに、とにかくマットに仕上げてます。

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_Iceberg

<ICEBERG>

 

その他、目元に「マスカラを多用」したり、「チークを少し大きめに」入れたりと、ポイントやアクセントを作るのも特長ですね。

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_EMILIO PUCCI

<EMILIO PUCCI>

 

 

 

|来シーズンキーとなるカラーは?

 

まず「オレンジ系レッド」ですね。目元やリップに使用するブランドが多かったと思います。

 

「Max Mara(マックスマーラ)」のショーでは、目元・口元の両方にオレンジ系レッドを多用しました。

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_MaxMara

 

<Max Mara>

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_MSGM

<MSGM>

 

また他のメゾンでは、まぶたに「ペイント ポット」の「キャメル コート」でニュアンスをプラスすることも多かったです。

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_Ermanno Scervino

<Ermanno Scervino>

 

 

th_RUMIKO_15SS_MILANO_Blugirl

<Blugirl>

 

 

coments & photo:M・A・Cシニアアーティスト 池田ハリス留美子

 


 

東京の2015春夏コレクションは来週より開催。beauty news tokyoではM・A・Cプロチームがメイクアップを担当するショーをはじめ、さまざまなブランドのコレクションをバックステージの模様とともにレポートします! こちらもお楽しみに☆


border

ACCESS RANKINGアクセスランキング