make upメイク

2017冬の旬メイク囲みアイシャドウで大人感を演出

ウェット感を活かすのが大人の嗜み。プロが指南する2017冬の旬メイク“囲みアイシャドウ”

Twitter
1
LINEで送る

いつも同じアイメイクで代わり映えしなかったり、大人っぽい上品なメイクにしたいけれどやり方が分からないなど、アイメイク難民になっている方も少なくないと思います。そこで、数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアーティスト・岩下倫之さんに、大人っぽさも叶う今旬アイメイクのポイントを教えてもらいました。

 

 

 

|ウェット感を活かしてキワをしめる。“囲みアイシャドウ”で大人感をさり気なく演出して

 

今季はウェット感のある赤系やオレンジブラウン系のニュアンスカラーがアイメイクのトレンドとされていますが、グッと女らしさと大人感のある目元を演出するコツが“キワをしめること”になります。早速、簡単2STEPでできる今旬アイメイクをチェックしてみましょう。

 

 

(1)クリームシャドウでウェット感を作る

 

まずクリームタイプのアイシャドウを指に取って、アイホールに薄くぼかすようにのせていくことでウェット感を演出します。

 

 

2017冬のトレンドカラーでもある“赤”を使用するときは、アイホール全体に塗ってしまうと目が腫れぼったく見えがちなので真ん中に塗るのがポイントです。

 

 

 

(2)2色のブラウンシャドウを使って“キワをしめる”

 

ブラウンシャドウで上の目のキワをしめ、さらにワントーン明るめのブラウンシャドウで下の目のキワを仕上げてきます。

 

 

アイライナーではなくアイシャドウを使うことで目元を強調しすぎず上品かつ大人っぽく仕上げられます。さらに下の目のキワの色みをワントーン明るいアイシャドウを使用することで、囲み過ぎた印象にならずナチュラルば抜け感を目元に演出しましょう。

 

 

 

ちなみに(1)で使用した“赤”のアイシャドウは、リップカラーやフェイスカラーとしても使える「アディクション ティント リッププロテクター + モア」。

 

 

吸い付くようなテクスチャーを活かしてアイシャドウ使いするアイディアはまさにプロならでは。これ1つで目元・チーク・リップメイクが叶ってしますし、この季節の悩みとなる乾燥からも守ってくれるのでポーチインしておくと重宝しますよ。

 

 

 

完成したメイクがこちら。

 

 

赤のアイシャドウは難しい印象もありますが、クリームタイプのアイシャドウを使用すればさり気なくウェット感のあるニュアンスを演出できますし、合わせてしっかりと“キワをしめる”ことでメリハリも出て大人っぽい目元になります。ぜひ参考に2017冬のアイメイクを愉しんでみてくださいね。

 

 

text:Hiromi Anzai photo:本城直季(Naoki Honjo) model:山下奈々美 メイク監修:岩下倫之


border