hairヘア

2017年夏レッド系ヘアカラーで大人の色気を演出

可愛い×クールなツヤ髪に。2017夏は”レッド系ヘアカラー”で大人の色気を演出して

Twitter
LINEで送る

暖かい毎日が続いていますが、そろそろ髪色も夏を意識したカラーにチェンジしていきたいところ。つい夏のヘアカラーと言うとハイトーンやアッシュ系をイメージしがちですが、特に今季注目したいのがトレンドの’90年代風を思わせるレトロ感も演出する”レッド系ヘアカラー”。赤みがかった髪色はツヤ感を強調してくれてクールで大人可愛い仕上がりになり、新鮮な印象を叶えてくれます。

 

 

 

|今季キテる”レッド系ヘアカラー”はコレ!

 

出典:HAIR

 

■マルサラカラー

ワインレッドのような深みを持つマルサラカラーは赤みがかったブラウンカラーなので、日本人の肌と色馴染みも良く、より肌を白く見せてくれる効果も期待できます。大人っぽいファッションと合わせるとグッと女度が増しますよ。

 

■赤系ブラウン

大人可愛い印象を演出する赤みを強調させた赤系ブラウンは、重めロングとの相性がGOOD。逆にブランを強調させた赤なら、モード系やスーツスタイルにも合う「クール」な印象になります。なりたい雰囲気に合わせて赤の濃度の変化をさせて楽しみたいヘアカラーです。

 

■カッパー

外国人風の質感と、元気な印象をあたえてくれるオレンジよりのレッド系カラー。色味は赤褐色で、オレンジ系に近く大人っぽい雰囲気にしてくれます。海外セレブなどにも好まれている髪色です。

 

 

 

|レッド系ヘアカラーが似合うスタイルは?

 

出典:HAIR

 

■グラデーションカラー

毛先だけ遊びたい方にオススメなのがグラデーションカラー。根元から毛先にかけて明るくなるグラデーションにすることで、重めの毛量でも軽く見せることができます。ブラックコーデや白コーデなど、スタイリッシュなファッションに合わせやすいスタイルです。

 

■切りっぱなしカット

切りっぱなしの毛先とストレートなヘアスタイルに特に似合うのが”カッパー”。オレンジ系のメイクや、ビタミンカラーの洋服とも合うので夏にハマります。明るい色味なのにモードっぽい印象になるので「甘過ぎるのが嫌!」と言う方にぜひオススメしたいスタイルです。

 

 

 

レッド系ヘアカラーは髪に自然とツヤ感を演出するだけでなく肌馴染みも良いので、色味とスタイルの組み合わせ次第でオシャレの幅も広がるはず。キュートになりすぎず、大人っぽいクールな雰囲気も演出したい夏こそぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

top image出典:HAIR


border